angela

Diary

<< NEXT | BACK >>
新年明けました! あつこ  2010-01-03 01:50:09
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします♪

元旦の早朝から、お出かけ!
東海地方への旅でした。
まずは、愛知県豊川稲荷。
商売繁盛ですって!
しっかりお願いしてきました。

そして、渥美半島あたりに泊まって
今日は、三重県の伊勢神宮に行きました。
ずっと行きたかったので、ついに!!って感じだったけど、
もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんのすごい
人&人&人!!!!
で、ぐったりしてしまいました。
ランチも、お店が行列しまくりだったので
名物のてこね寿司のお弁当にしました。
いやぁ、お伊勢さんってあんなに混むんですね。
日本中の人が集まってるのかと思いました。

そんなわけで、東名高速を走って
さきほど東京に戻りました。高速も渋滞してたよー!

しかし、一泊二日で、こんなに太れるのか!!ってくらい
太った気がします。
昨夜と今朝がビュッフェだったからだわ。。
さらに、高速の休憩で食べまくったし。。
おかげ横町でも、食べ物買いまくったし。。

あけましておめでタイガー!!2010 KATSUお兄様!?  2010-01-02 03:19:59
さぁ、世界中のどぇらっ虎どもよ、我々の年が明けた!!

ことよろ。

あーんな事や、こーんな事、今年は虎のような
猛獣的な1年を過ごそうぜ。

大晦日! あつこ  2009-12-31 19:50:05
おでかけしてました。ただいま帰宅。

いやぁ、おそばも食べたし、もうあとはカウントダウンだね。

今年もangelaを応援していただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします♪

よいお年を!

2009年ありがとう!! KATSUお兄様!?  2009-12-31 06:13:37
大サーカス終演の寂しさから、翌日の片付け&撤収のお手伝い
してきました。事務所内では昨日の楽しかった思い出と変わり
笑い声と共に皆作業してました。。。

あぁ成功できたんだなぁ・・・と、しみじみ

参加してくれた、ぢぇらっこの皆、本当にありがとう!!
僕達が目指す、真の大サーカスに毎年どんどん近付けてる
気がしてなりませぬ。。。

atsukoの発案を具体化して作品にしてくのは普段のangelaと
何ら変わりない事だよ。むしろ皆楽しんでやってます。
(※一部の悪ノリを除く)
逆に、僕の理想以上のステージも実現してくれて、ありがとう!!

現場がピリピリするのも嫌だけど、なぁなぁで許し合う現場ってのは
もっと嫌い。幸運にもプロフェッショナルにプライドと誇りを
持ったスタッフが今回も支えてくれました。
ぶつかり合いながら作品が作れた事が
僕は凄く嬉しかったです。その衝突も「良い作品にする為には?」
と言う前提での話合いなのでむしろ嬉しい衝突なのです。

少しでも良くなる可能性があるなら?
ステージの幕が上がるまでそんな気持ちです。
サウンド面では音響ちゃ〜りーさんに甘えさせて頂き
舞台監督さんには本番当日に演出の追加&変更をお願いしたり。
今回だけで沢山の『一生のお願い!』を使いきった気がします。

今回のテーマ『歯車』
簡単に説明すると、angela版ピノキオ物語 なのです。
atsukoが以前出演していたミュージカル
『イル・ミュージカーレ』でもそんな役でしたね。。。
それに、クラウン(ピエロ)のKOTA、トッタ、ダイアナの3人が
加わりイタズラから事件は始まります。
無事に平穏な世界が戻っても、本当の闇(悲しみ・試練)は突然
襲ってくるものなのです。。。
この辺りは宇宙のステルヴィア展開と勝手によんでいました。

悲しみの少女の歌声から共鳴が始まる。
共鳴とは、同じ波長を持つもの数体のうち1つが鳴り始めると
全部が響き始める不思議な現象です。
例えば、アコースティック・ギター1本で、もう一本のギターの
前で「ラ」の音を弾くと、触ってないギターの方の「ラ」の音の弦が
揺れて鳴り始めるんです。ね、面白いでしょ。これが
音の共鳴の原理?物理?怪奇現象ではない。

そこから「未来とゆう名の答え」を導き出すのです。
そもそもangelaには事件は起こってから解決に向かう思考に
あるようです(笑)未然に防ぐのも大事ですが、恐れてては
何も始まらない。はじめてみる1歩が大事だと思う。
からの〜!
皆の笑顔ほどの原動力に勝るものはなし!

を表現しました。。。

↑凄く簡単な説明ですが、そんなミュージック・ワンダー★大サーカス
4thでした。

書きたい事は、まだまだありますが、2010年の原動力を
ありがとう!!
そしてangelaを愛してくれる、ぢぇらっ娘&ぢぇらっ虎、
スタッフ&関係者の皆様。
ありったけの愛を込めて・・・ありがとう!!

長くなるよ♪ あつこ  2009-12-31 00:38:59
こんばんきーん。
遠征組のみなさんも、そろそろ自宅に着いたかな?

あたしも、昨日の大サーカスを終えて、
打ち上げに行ったのですが、珍しく一次会のみで
お先にタクシーで帰ってきました。
さすがに、ぐったりしてしまって。
本当は、たくさんの出演者さんやスタッフさんと
今日の感想を語りたかったんですが、
本番後、喉もあまりよくなかったので、あまり声が出せずで。
でも、本番は、とってもよく声が出ましたが!!
気持ちよく歌えました。

しかし、楽しかったですね。
いかがでしたか?今年の大サーカス。
構成から、リハーサルまで、費やした時間は
何百時間かしら?
そんなボリュームでしたね。
歌あり、ダンスあり、演奏あり、お芝居あり。
かなりの大チャレンジでした。

あたしの漠然とした、
あれやりたい!
これやりたい!
も、ほとんど実現させてくれたKATSUさん、そしてスタッフのみなさまにも感謝です。

思い出した順に書きますね。
まずはメドレー!
人生でメドレーを歌うのは2回目でした。しかも今回は
24分もあったんですよ。なんたる長さ!!
9曲分も入っていました。
さらにメドレー最後のYell for youは、フルの尺ですし。
もう、エアロビクスのレッスンを受ける感覚ですよ。(笑
汗だくになりました。
でも、やりきった感が満載でしょ。
ああ、観れなかったみなさん、、、残念!

そして、今回のストーリーテラー的な存在。
atsukoおばあちゃんと、KATSU少年。
この声は、
atsukoおばあちゃん→松尾佳子さん
KATSU少年→小林由美子さん
にお願いしました。
ファンタジックな世界観を声で表現していただけて、
大満足!!
ありがとうございました。

レバーや、ミュージック・ワンダー☆死海文書も
リアルに出来てて、いい感じでしたよね。
あのレバー、まだとっといてほしいなあ。
また使いたい。(笑
死海文書は、予言書だからこの先のangelaのことも
書かれてるかも!まだ倉庫にあるかなあ。読んでみよう。

超踊り子隊は、総勢17名。
ふおー。大ボリュームですね。きらびやかな衣装で
舞踊る姿に釘付けです。あたしももっと踊れたらいいな。
今回は、たくさんリフトしていただきました!
これも、あたしが
飛びたい!!
と言ったから。あはははー。
重かったかな?

そしてクラウンさん、3名。
初めてのあしながさん、3名。
盛り上げてくれてありがとうございました。

演奏陣もがんばりましたよ。
なんと言っても、暗譜ですから!!
この曲数で、大変だったかと。あたしも大変だったー。

しかし今回大変だったのは、
演出家さんも入れず、構成も、脚本も、すべて
中西P、増田さん、松浦社長、angelaでやったこと。
やれば出来るもんです。。
歯車の映像や、崩壊の映像は、
草川監督が創ってくださいました。
お忙しいのに、、、感謝です。

お客さんはもちろん、関係者さまもたくさんいらしてくれました。
この年末のお忙しい中。
ありがとうございました。

ライヴの最後でも言いましたが、
今回は本当にいっぱいいっぱいでした。
実際歌詞や、フリもけっこう間違えましたし。。
たった一夜の為だけには、もったいなさ過ぎです。
でも、たくさん悩みました。
やりたい!って言っておきながら、出来ない自分が歯がゆかったり、
ちょっとのことでイライラしたり、
人にあたったり。普段ならなんともないことが
気になって、とにかく人に冷たくなってしまって。
みんながそれぞれいっぱいいっぱいなのに、自分のことしか
考えられなくなってしまってました。
そんなこんなで、全然関係なく、
「なんであんなふうに言ってしまったんだろう。。」
と、家に帰って落ち込んだり。
そんな時は、、、、寝ました。
翌日起きたら、少しだけ気持ちが回復してるし、
次の日はもう、次のことをしなくちゃいけないからね。

でも、そんなモヤモヤも、ステージの緞帳が開けば
どこかへ飛んで行ってしまいました。
それくらいステージには、言葉では言い表せないほどの
魔物が、、、いや、魔法があるんです♪
この仕事して本当によかったと思える瞬間がなんどもあって、
いきなり泣き出しそうでした。

いやぁ、まだまだ思い返せば色々ありますが、
今日はこのへんで。また思い出したら書きますね!
あ、一晩眠って、もう喉は復活。
明日、いきなり本番でもいけますよ!あ、大晦日か。(笑
予定が無いなあ。ゆっくりするかな。
今日は、もうお昼から大掃除もしちゃったしね。
スッキリです。
[ 504 ] [ 503 ] [ 502 ] [ 501 ] [ 500 ] [ 499 ] [ 498 ] [ 497 ] [ 496 ] [ 495 ] [ 494 ] [ 493 ] [ 492 ] [ 491 ] [ 490 ] [ 489 ] [ 488 ] [ 487 ] [ 486 ] [ 485 ] [ 484 ] [ 483 ] [ 482 ] [ 481 ] [ 480 ] [ 479 ] [ 478 ] [ 477 ] [ 476 ] [ 475 ] [ 474 ] [ 473 ] [ 472 ] [ 471 ] [ 470 ] [ 469 ] [ 468 ] [ 467 ] [ 466 ] [ 465 ] [ 464 ] [ 463 ] [ 462 ] [ 461 ] [ 460 ] [ 459 ] [ 458 ] [ 457 ] [ 456 ] [ 455 ] [ 454 ] [ 453 ] [ 452 ] [ 451 ] [ 450 ] [ 449 ] [ 448 ] [ 447 ] [ 446 ] [ 445 ] [ 444 ] [ 443 ] [ 442 ] [ 441 ] [ 440 ] [ 439 ] [ 438 ] [ 437 ] [ 436 ] [ 435 ] [ 434 ] [ 433 ] [ 432 ] [ 431 ] [ 430 ] [ 429 ] [ 428 ] [ 427 ] [ 426 ] [ 425 ] [ 424 ] [ 423 ] [ 422 ] [ 421 ] [ 420 ] [ 419 ] [ 418 ] [ 417 ] [ 416 ] [ 415 ] [ 414 ] [ 413 ] [ 412 ] [ 411 ] [ 410 ] [ 409 ] [ 408 ] [ 407 ] [ 406 ] [ 405 ] [ 404 ] [ 403 ] [ 402 ] [ 401 ] [ 400 ] [ 399 ] [ 398 ] [ 397 ] [ 396 ] [ 395 ] [ 394 ] [ 393 ] [ 392 ] [ 391 ] [ 390 ] [ 389 ] [ 388 ] [ 387 ] [ 386 ] [ 385 ] [ 384 ] [ 383 ] [ 382 ] [ 381 ] [ 380 ] [ 379 ] [ 378 ] [ 377 ] [ 376 ] [ 375 ] [ 374 ] [ 373 ] [ 372 ] [ 371 ] [ 370 ] [ 369 ] [ 368 ] [ 367 ] [ 366 ] [ 365 ] [ 364 ] [ 363 ] [ 362 ] [ 361 ] [ 360 ] [ 359 ] [ 358 ] [ 357 ] [ 356 ] [ 355 ] [ 354 ] [ 353 ] [ 352 ] [ 351 ] [ 350 ] [ 349 ] [ 348 ] [ 347 ] [ 346 ] [ 345 ] [ 344 ] [ 343 ] [ 342 ] [ 341 ] [ 340 ] [ 339 ] [ 338 ] [ 337 ] [ 336 ] [ 335 ] [ 334 ] [ 333 ] [ 332 ] [ 331 ] [ 330 ] [ 329 ] [ 328 ] [ 327 ] [ 326 ] [ 325 ] [ 324 ] [ 323 ] [ 322 ] [ 321 ] [ 320 ] [ 319 ] [ 318 ] [ 317 ] [ 316 ] [ 315 ] [ 314 ] [ 313 ] [ 312 ] [ 311 ] [ 310 ] [ 309 ] [ 308 ] [ 307 ] [ 306 ] [ 305 ] [ 304 ] [ 303 ] [ 302 ] [ 301 ] [ 300 ] [ 299 ] [ 298 ] [ 297 ] [ 296 ] [ 295 ] [ 294 ] [ 293 ] [ 292 ] [ 291 ] [ 290 ] [ 289 ] [ 288 ] [ 287 ] [ 286 ] [ 285 ] [ 284 ] [ 283 ] [ 282 ] [ 281 ] [ 280 ] [ 279 ] [ 278 ] [ 277 ] [ 276 ] [ 275 ] [ 274 ] [ 273 ] [ 272 ] [ 271 ] [ 270 ] [ 269 ] [ 268 ] [ 267 ] [ 266 ] [ 265 ] [ 264 ] [ 263 ] [ 262 ] [ 261 ] [ 260 ] [ 259 ] [ 258 ] [ 257 ] [ 256 ] [ 255 ] [ 254 ] [ 253 ] [ 252 ] [ 251 ] [ 250 ] [ 249 ] [ 248 ] [ 247 ] [ 246 ] [ 245 ] [ 244 ] [ 243 ] [ 242 ] [ 241 ] [ 240 ] [ 239 ] [ 238 ] [ 237 ] [ 236 ] [ 235 ] [ 234 ] [ 233 ] [ 232 ] [ 231 ] [ 230 ] [ 229 ] [ 228 ] [ 227 ] [ 226 ] [ 225 ] [ 224 ] [ 223 ] [ 222 ] [ 221 ] [ 220 ] [ 219 ] [ 218 ] [ 217 ] [ 216 ] [ 215 ] [ 214 ] [ 213 ] [ 212 ] [ 211 ] [ 210 ] [ 209 ] [ 208 ] [ 207 ] [ 206 ] [ 205 ] [ 204 ] [ 203 ] [ 202 ] [ 201 ] [ 200 ] [ 199 ] [ 198 ] [ 197 ] [ 196 ] [ 195 ] [ 194 ] [ 193 ] [ 192 ] [ 191 ] [ 190 ] [ 189 ] [ 188 ] [ 187 ] [ 186 ] [ 185 ] [ 184 ] [ 183 ] [ 182 ] [ 181 ] [ 180 ] [ 179 ] [ 178 ] [ 177 ] [ 176 ] [ 175 ] [ 174 ] [ 173 ] [ 172 ] [ 171 ] [ 170 ] [ 169 ] [ 168 ] [ 167 ] [ 166 ] [ 165 ] [ 164 ] [ 163 ] [ 162 ] [ 161 ] [ 160 ] [ 159 ] [ 158 ] [ 157 ] [ 156 ] [ 155 ] [ 154 ] [ 153 ] [ 152 ] [ 151 ] [ 150 ] [ 149 ] [ 148 ] [ 147 ] [ 146 ] [ 145 ] [ 144 ] [ 143 ] [ 142 ] [ 141 ] [ 140 ] [ 139 ] [ 138 ] [ 137 ] [ 136 ] [ 135 ] [ 134 ] [ 133 ] [ 132 ] [ 131 ] [ 130 ] [ 129 ] [ 128 ] [ 127 ] [ 126 ] [ 125 ] [ 124 ] [ 123 ] [ 122 ] [ 121 ] [ 120 ] [ 119 ] [ 118 ] [ 117 ] [ 116 ] [ 115 ] [ 114 ] [ 113 ] [ 112 ] [ 111 ] [ 110 ] [ 109 ] [ 108 ] [ 107 ] [ 106 ] [ 105 ] [ 104 ] [ 103 ] [ 102 ] [ 101 ] [ 100 ] [ 99 ] [ 98 ] [ 97 ] [ 96 ] [ 95 ] [ 94 ] [ 93 ] [ 92 ] [ 91 ] [ 90 ] [ 89 ] [ 88 ] [ 87 ] [ 86 ] [ 85 ] [ 84 ] [ 83 ] [ 82 ] [ 81 ] [ 80 ] [ 79 ] [ 78 ] [ 77 ] [ 76 ] [ 75 ] [ 74 ] [ 73 ] [ 72 ] [ 71 ] [ 70 ] [ 69 ] [ 68 ] [ 67 ] [ 66 ] [ 65 ] [ 64 ] [ 63 ] [ 62 ] [ 61 ] [ 60 ] [ 59 ] [ 58 ] [ 57 ] [ 56 ] [ 55 ] [ 54 ] [ 53 ] [ 52 ] [ 51 ] [ 50 ] [ 49 ] [ 48 ] [ 47 ] [ 46 ] [ 45 ] [ 44 ] [ 43 ] [ 42 ] [ 41 ] [ 40 ] [ 39 ] [ 38 ] [ 37 ] [ 36 ] [ 35 ] [ 34 ] [ 33 ] [ 32 ] [ 31 ] [ 30 ] [ 29 ] [ 28 ] [ 27 ] [ 26 ] [ 25 ] [ 24 ] [ 23 ] [ 22 ] [ 21 ] [ 20 ] [ 19 ] [ 18 ] [ 17 ] [ 16 ] [ 15 ] [ 14 ] [ 13 ] [ 12 ] [ 11 ] [ 10 ] [ 9 ] [ 8 ] [ 7 ] [ 6 ] [ 5 ] [ 4 ] [ 3 ] [ 2 ] [ 1 ] << NEXT | BACK >>
© Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.