KING AMUSEMENT CREATIVE

 
can/gooのファーストアルバム『ココロのうた』、もう聴いたかな? 楽曲の充実度だけじゃなく、ひとつのトータルなアルバムとしても素晴らしい完成度を持った、ファンが待ちに待った甲斐がある作品だ。そのキャンペーンの一環として、去る12月4日、HMV横浜VIVREイベントステージにてミニライブ&サイン会が開かれた。皆さんと触れあうのは夏のライブツアー以来、インストアイベントは春以来ということで、can/gooとの再会を待ちわびた多くのファンが詰めかけたぞ。

15時ジャスト、店内に設けられたステージに登場したcan/gooのメンバーたち。 今日のミニライブはアコースティックセットということで、いつもとちょっと違った楽器編成だ。
オープニングは『まぼろし』アコースティックバージョン。アルバムでも新バージョンが収録されている曲だけど、それともまた違った、新鮮な印象だ。「『ココロのうた』、もう聴いてくれましたかー?」というTAPIKOのMCに、当然と言わんばかりにCDをかざすファンの皆さん。ジャケット写真が入れ替えられる特殊なデジパック仕様なので、「ぜひ、もう一枚買うとジャケット写真で神経衰弱ができる」と言うPOMだが、「でも、裏に歌詞書いてあるよ!」と、賢いcan/gooファンはだまされなかった。さすが!

2曲目はアルバム収録の新曲で、今日がライブ初披露となる『君の味方』。ノリがよくて、中サビもみんなで声を合わせて歌える、ライブ向きの曲だ。メンバー紹介のMCでは、HIDEの今日のパートナーであるカホン(木箱の形をしたパーカッション)の本名が、「南かほん」であると明かされた。今度、ライブで見たときは「南ちゃん!」と呼んであげよう。続いてお贈りするのもまた新曲で、ファン参加型の『チャンス』。

既にお馴染みの『教えてあげる』も、今日はアコースティックライブ用スペシャルバージョンだ。TAPIKOはピアニカを持ち込み、ピアノのパートを弾くというより吹きまくる。歌の間も息を休める間がないから、もしかするとピアノよりも大変だ。男声コーラスと女声コーラスが飛び交う間奏部では、ファンの皆さんもココがCDショップの一部分であることも忘れてノリまくりだったぞ。

本日最後の曲は、アルバムタイトルの由来にもなった『ココロのうた』。ソプラノリコーダーの素朴な音、切ないメロディが印象的なナンバーだ。ライブ終了後はサイン&握手会。久々のイベントでもあるし、一人一人のファンと丁寧に時間をかけてコミュニケーションしていた4人だった。今日演奏したナンバーも、12月19日・表参道FAB、そして来春のツアーでは、フル編成のライブバージョンで聴けるはず。それまで、『ココロのうた』を聴いて、またcan/gooと会える日を……お楽しみに!
 

(C)Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.