沖縄日記2011夏
またまた行ってきてしまいました。沖縄!
どうしたって、ジリジリとした太陽を求めて、毎年、わざわざ、このくそ暑い時期に行ってしまうんですよね。でも、東京のアスファルトから照り返してくる、タチの悪い熱とは異なって、脳の裏の方まで、余すところなく照らされて、さらされて、何も隠せなくて、そして、あれやこれやがリセットできる…。
Tokyo Boogie Night 1000回突破記念公開録音…
アルバム「VINTAGE White」…
ありがたいこと、この上ない!!けどもが…
やはり何事も、通過点なわけで、そこばっかり見て余韻に浸っている訳にもいかないので、バッスリ気持ちを切り替えに、一路旅立ったのでした。
今回は、まず、沖縄へ旅立つ前に、ニュースでも話題になっていた、東京羽田空港の国際線ターミナルを社会化見学。夕方の仕事終わりで羽田に入り、羽田のホテル泊。
次の日、朝一飛行機で沖縄へ!というプランにしてみました。
話題の羽田ですが…。
なんだか最初はあまり変化ないような気がしたけど、どうしてどうして!
大〜きな変化。気をつけないといけないぜ!
まず、以前の羽田は、ざっくりと第一ターミナルJAL、第二ターミナルANAが、ショッピングビルをはさんで地続きでした。しかし、現在は、第一、第二、国際が、がっちり別れていて、なんとなくぼんやり間違えるとえらいこっちゃです。無料巡回バスにのって、それぞれのターミナル間が5分くらい。歩いたら結構な距離!要注意!「第一だっけ?」「第二だっけ?」をしっかり把握しておくことをおすすめします。
あと、エスカレーターがテロ対策なのか、お遊びなのか、おちょくってんのか、デザインなのか、ゲーム世代への挑戦か…、3階一気にあがったと思ったら、下がるエスカレーターが見当たらない。下がったら2階。あれあれ?隣に乗れば地下直行…。1階に行きたいだけなのにいい。ダンジョン並の複雑さ。急いでる時はあせるから、これまた要注意!
 
こちらは、まったりと国際線ターミナルの町並み
国際線だけあって、外国人を意識してか、結構むりくり和風仕立てです。

 
こちらフレンチレストラン。
なにも…フレンチまでって感じだけど、
中華も、イタリアンも、うどんも、寿司も、一貫してこの景色。

 
上の階にはミニカーのレース場もありました。
プラネタリウムのバーとかもあったよ(入んなかったけど)
色々遊べるね。

 
次の日の朝、ポケモンジェットを斜め見して、わーい。
私のキャラがおるおる!とご機嫌に。
でも乗らないの…。今回JALでしたので。

 
でもお弁当は、ポケモン!(貢献、貢献!)

 
中味、ちゃ〜んとおいしかった。
外見(そとみ)で金ふんだくっていませんぜ。えらい!
ちなみにジュニア用ね。

 
あれこれ食べたい私は、全国ご当地グルメ弁当。



写真で表紙の解説見えるかなあ…。一応フォローしよう!
北海道:鮭いくらご飯(王道だね)
仙台:笹かまぼこ(地味にうまい)
東京:浅蜊佃煮(東京ってそれなんだ)
秋田:姫竹と山菜の酢味噌和え(日本酒が欲しくなる味)
横浜:チンジャオロース(おっ中華街から来たね)
長野:野沢菜ご飯(お米もうまい)
京都:じゃこ黒七味焼きむすび(さすがに、おたべではないのね)
名古屋:味噌カツ(納得) 
大阪:たこやき(まさかの弁当にたこやき1個コロン。凄い!迷いがない!)
神戸:ぼっかけ焼きそば(ピラピラしたお肉でもいいから神戸牛欲しい。)
広島:牡蠣フライ(冷えてもおいしい)
福岡:白身魚の明太子焼き(丁寧な仕事ぶり)
と…ラインナップ、すごくね?
 
とまあ、しつこく解説した中味。
ぺろりんちょでした。
見た目地味だけど、あれこれ楽しみたい人におすすめよ。

 
さあ、着いた着いた沖縄。お出迎えのペンギン…

 
はタクシーのイメージ?キャラでした。
「こちらです」と自信満々に道を間違えそうな顔つきに惚れた。

 
絵に描いたような、ガイドブックげな沖縄の夏の道

 
の先に「もじゃはうす」発見
電信柱まで、もじゃ

 
の中。



実はソーキそばやさんでした。味も雰囲気も店員さんの態度も超満足。
 
今回はちょっとまじめに観光。
以前から行きたかった斎場御嶽(セイファーウタキ)



奥に見えるは、神々が降り立ったと言い伝えられる久高島
 
が…正直 聖地ブームかなんだか知らないけれど、
イモ洗いのごとく人が沢山いて、律するような気持ちとか、深々とした空気とか、
神聖なものは私には、全く感じられず、人の波に流されるように、
あからさまに観光客的に写真とって帰ってきました。

 
折り重なった石の迫力は圧巻でしたが…。

 
あちこちに、やたらめったら、でかい蜘蛛の巣があって、
その間を縫うように、「蜘蛛の巣ですが…何か?」と、全く気にも留めない様子で、
ひらひらと沢山の大きな蝶がすり抜けていくさまがステキだった。
つかまらないのよ…。凄いわ!!で、有名な見晴らしの穴にも蜘蛛…。
写真で見えるかな。左ハシね。

 
さあ、ここからが本領発揮だわ
帰りの道の駅にて
エコロジー?なのか?なのだな。うん。なんだよ。
貝殻アートというか、手作りで、貝殻をつないで、オブジェ?小物?雑貨的な?
コーナーを発見。さすが、沖縄のシーサー

 
や、シーサーや

 
で、シーサー(コミカル)の右横には、たこ

 
オクトパスは受験祈願グッズらしい

 
いっぱいいた。

 
500円だった(微妙)

 
とりもいた。失礼…。とりさんもいた。
500円だった。

 
なんか、方向が変わってきた。

 
おやおやおやおや?
中国の強引な遊園地の香りが。



スヌー○ーの友達と
ミッ○ーの友達と
アン○ンマンの友達と
パー○ンの友達と
ウル○ラマンの友達と
ひときわ輝くドラ○もんの友達。かみ合ってないけど、楽しそうだ。
 
…いっぱいいた。



やっぱ相場が500円
 
の…アップ

 
やはり夕陽みながらワインを飲んだ
(旅行の第一目的はこれだったりする)

 
有名な観光名所、万座毛(迫力)



「100人乗っても大丈夫」の稲葉の物置でなく
万人乗っても大丈夫!ってことなんだと。
 
海に浮かんだ、しめ縄
遠目でも自然への敬意を感じる。

 
脱皮したばかりのエビを食す。美味(残酷ね)

 
沖縄に新幹線?

 
居酒屋さんの送迎車だった。

 
こんなの作った。

 
こんなとこ入った。

 
さあ、帰らなくちゃ。

 
沖縄空港の出発ロビーに「テンペスト」の大垂れ幕。
なんか感動して、原作者に写メしちゃったけど、知ってるつうのねえ。
「テンペスト」もいいけど、「トロイメライ」も、いいぞおおお。みんなも読もう!



 
とどめ



せめて白にしてください。


おしまい。