TVアニメ『ヒロイック・エイジ』のEDテーマで鮮烈なデビューを飾った浦壁多恵さん。
 彼女にとって初となるミニアルバム「TRUE GATE」が9月21日に発売。
それを記念して、10月6日にアニメイト池袋でイベントが行なわれたので今回は、その模様をお伝えするぞ。
 


 まずミニアルバムの表題曲「TURE GATE」のイントロにのって浦壁さんが登場。簡単なあいさつの後、まずは公式サイト上で募集された浦壁さんのニックネーム「かべちゃん」についてトークがスタート。
「かべちゃ〜ん」と呼んでほしいという浦壁さんの希望で、彼女と客席とで掛け合いをすることに。そして浦壁さんの「せ〜の」の掛け声とともに、会場中に「かべちゃ〜ん!!」という声が響き渡る。9月22日に開催された『STARCHILD DREAM in KOBE 2007』でも行なったというこの掛け合い、今回はさらにもう1つコールを考えてきたとのこと。

「私が『かべちゃ〜ん!!』って言ったら『サイコー!!』ってみんなで言ってくれますか? ちょっと無茶振りなんですけど(笑)」
 
 そして浦壁さんの「かべちゃ〜ん!!」という呼びかけに客席も元気よく「サイコー!!」と返すと、浦壁さんも「ありがと〜!! 本当にありがとうございます(笑)」と感謝の気持ちを伝える。突然の掛け合いの提案にも、テンション高く答える会場の様子に浦壁さんも嬉しそうにしていた。
 掛け合いの後は、浦壁さんのデビュー曲であり、『ヒロイック・エイジ』のEDテーマでもあった「Azurite」を熱唱。ファンも浦壁さんの会場に響き渡るせつない歌声に聞き入っていた様子だった。
 歌の後のコーナーは「かべちゃん一問一答」。これは浦壁さんのことをもっと知りたいというファンの代わりに、天の声と呼ばれるナレーションがいくつかの質問をし、浦壁さんがそれに一言で答えていくという某「堂○兄弟」で見たことあるようなコーナー。

「今初めて質問を聞くので、私もちょっとドキドキしてます(笑)」

 そんな浦壁さんの緊張をよそに質問がスタートしていく。

――浦壁さんの趣味・特技を教えてください。

「趣味はお酒です(笑)。特技は犬を怒らせること(笑)」

――休みの日は何をしていることが多いですか?

「お酒を飲んでます(笑)」

――浦壁さんにとっての最高の贅沢を教えてください。
「チョコレート風呂に入ること? まだ入ったことないけど(笑)」

 

――浦壁多恵史上、もっとも忘れられない大事件を教えてください。
「家に虫がいっぱい出ることです。この前、お風呂場にゲジゲジが出て、裸で逃げ回りました(笑)」

――ミュージカル女優、アーティストになっていなかったら今ごろ何をしてると思いますか?

「居酒屋の店員とかですね(笑)」

――ある日、目が覚めたら自分が男になっていました。まず何をしますか?

「え〜〜それは言えないっすよ(笑)」

 質問にテンポよく答えていく浦壁さん。そんな中、最後に「TRUE GATE」のジャケット写真の決めポーズを見せてくださいとのお願いが。「え〜(笑)」と言いながらもジャケット写真と同じポーズをする浦壁さんの姿に会場からも歓声と拍手が湧き上がっていた。
 そして一通りの質問が終わると、浦壁さんの回答に司会者がさらに詳しい話を聞いていくことに。

――まず、浦壁さんの趣味、お酒とのことですが。
「大好きです(笑)。ファンの方たちとお酒飲みながらのイベントとかをしてみたいです」

――次に特技の犬を怒らせることというのはどういうことですか?
「うちの犬、ルーシーって言うんですけど、怒るとすごくかわいいんですよ。なので、つい怒らせたくなっちゃうんです。でも、彼女のことが大好きなので、ケンカ仲間でもあり、親友でもあり、家族ですね」

――そして、休みの日もお酒を飲むということですが、本当に好きなんですね。
「基本的にお休みの日にしか飲めないんです。普段は歌のお仕事をしている関係上、喉のために控えているので。だから、お休みの日に楽しむって感じですね(笑)」

――最高の贅沢という質問では……。
「チョコレート風呂! 私、チョコレートがないと生きていけないぐらい大好きなんです。お菓子がホントに大好きで、死ぬ前に何食べたいって聞かれたら多分、お菓子と答えるぐらいに(笑)」

――浦壁多恵史上忘れられない大事件は「虫が出る」とのことですが。
「そう! うちは本当に虫が出るんですよ!! 別にすごい田舎に住んでいるわけじゃないんですけど。この前はお風呂に大きなゲジゲジが出ました。私、虫を殺せないので、親につまんでもらって外に出してもらいました(笑)」

――男になったらという質問がありましたが……。
「それは答えられないのでパスで(笑)」

――ミュージカル女優、アーティストになっていなかったらという質問に対して居酒屋の店員と答えていましたが、これはどうしてですか?
「私、接客がすごく好きなので、絶対に接客業をしていたと思います。カフェとかお酒も好きだし、皆さんに楽しんでもらえるような店員になります、みたいな(笑)」

   
 浦壁さんを今まで以上に理解できたところで、続いてミニアルバムに収録されている「Will〜瞳の奇跡〜」と「Shiosai」の2曲が続けて歌われることに。

「『Will』はミニアルバムの2曲目に入っていて、私の中ですごくチャレンジした曲で、ノリノリです。なので、皆さん是非立って聞いてください! 『Shiosai』はすごく静かで、大人っぽい曲です。心をこめて歌いたいと思いますので、ゆっくりと聞いていただければと思います」

 浦壁さんが「Will」を歌いはじめると、そのアップテンポで、ノリのいい曲調にファンからも合いの手や掛け声が加わり、会場全体が大いに盛り上がりを見せていく。そして次の「Shiosai」は先ほどとは打って変わって静かで、会場全体をやさしさで包み込むかのような曲。ファンも彼女の歌声を聞き逃さないよう真剣に聞き入っていた。

 そして最後の曲として「TRUE GATE」が歌われることに。ここで浦壁さんからもっとみんなと一緒に盛り上がるためにと、彼女自ら考えたという簡単な振り付けを曲中でしてほしいとの要望が出された。そして急遽浦壁さんによる振り付け講座が行なわれその後に、ついに曲がスタート! 
 激しい曲調と力強い浦壁さんの歌声に会場の盛り上がりも最高潮に。そして肝心のサビでは先ほどの振り付けを全員で行うことで、会場全体が一体感に包まれる。浦壁さんもファンの熱い掛け声や合いの手にのせられ熱唱していた。


 
 そして約1時間近いイベントも終わりを迎え、最後にイベントに来てくれたファンに浦壁さんがメッセージを送る。

「『TRUE GATE』みなさんもう聞いてくれたと思うんですけど、もっともっと聞いて、何も見ないでも歌えるぐらいになるまで聞いてください! そして朝は『TRUE GATE』で始まり、夜は『Azurite〜True grace〜』で締めてくださいね(笑)」

 こうしてイベントはひとまず幕を閉じ、その後はポスター手渡し会がスタート。手渡し会では参加者1人1人と会話をし、交流を楽しむ浦壁さんの姿が印象的だった。


 
 イベント終了後、浦壁さんに今日のイベントの感想や、ファンへのメッセージを聞いてみた。

「今日は本当に楽しかったです。『TRUE GATE』ですごく盛り上がってくれて最高でした。実はイベントが始まるまですごく緊張してたのですが、みんなの笑顔が見られて私自身すごく元気をもらいました。でも、歌詞を忘れたところもあり、反省点もあったので、次は今日以上に皆さんに満足していただけるよう頑張りたいと思います。また今回のミニアルバム『TRUE GATE』では色んな曲にチャレンジしているので、ぜひ聞いていただければと思います。今後とも浦壁多恵をよろしくお願いします」