KING AMUSEMENT CREATIVE

 
 

掲載されている商品、金額の一部は消費税改定前の価格表記となります。

 
 
 
○BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダーズ)

03年、日比谷野音をSOLD OUTさせ、年間インディーズチャートTOP10にランクインするほどのヒットを記録したBEST盤「BEST CRUSADERS」が発売される最中、ヒダカ以外のメンバーが脱退。心機一転、03年末、レーベルをCAPTAIN HOUSEに移し、ヒダカトオル(Vo・Gu)、クボタマサヒコ(Ba)、カトウタロウ(Gu)、マシータ(Dr)、ケイタイモ(Key)、の5人編成になってシングル(限定盤含む)を2枚リリースする。
そして今年6月、メジャーレーベルDefSTAR RECORDSとの背徳の契約(買収?)とともに電撃移籍が決定。いつも予測不能な奇抜な空中殺法的音楽活動で周囲を驚かせてきた仮面貴族ビート・クルセイダースなだけに、音楽界隈のみならず、様々なメディアにおいて、彼らのメジャー戦略構想がいま最も注目されている。
「HIT IN THE USA」
発売中
DFCL-1167/定価\1,020(税抜\972)
発売元:DefSTAR RECORDS
○meister(松井亮)

1972/2/11生まれ、京都府出身 95年にギタリストとしてthe brilliant green結成。
97年デビュー、1stアルバムがミリオンを超えるヒットに、その後計4枚のアルバムをリリース。meisterというプロジェクトは自らのルーツとするミュージシャンやフェイバリット、これから台頭してくるであろうニューカマーも含め、すべて海外のアーティストとのコラヴォレーションする、という異色作であり、意欲作である。
この楽曲はヴォーカリストにMark Gardner(ex-RIDE)を迎え制作された。
「I want you to show me」
発売中
DFCL-1164
定価\1,020(税抜\972)
発売元:DefSTAR RECORDS
「I met the music」
発売中
DFCL-1168
定価\3,059(税抜\2,913)
発売元:DefSTAR RECORDS
 ※アルファベット順
○GOOFY’S HOLIDAY

GOOFY'S HOLIDAYの軌跡を網羅した、現メンバーによる再録ベスト+新曲の企画アルバム!
再録は、当時の初期衝動を現在のバンドのスキルで再現したベストなものに!そして、新作を待ち望んでいるファンには嬉しい、久々の新曲を3曲も収録したボリューム満点の企画アルバムです!
「NOW AND THEN, HERE AND THERE」
発売中
BACA-16
定価\2,300(税抜\2,190)

○HUSKING BEE

レコーディング・エンジニア兼サウンド・プロデューサーにJimmy Eat World、Blink182、The Living End、Rocket From The Crypt等も手掛けるMARK TROMBINOを迎えたニューアルバム!発売中。
5th ALBUM 「variandante」
発売中
TFCC-86146
定価\2,625(税抜\2,500)

○SHINOBU WATANABE (ASPARAGUS)


○Tropical Gorilla

数々のライブイベント出演で培われてきた「微妙」な演奏力でメロディックでポップなパンクロックを奏でるインディーシーンでも既に「若手」の中のベテラン。

○TYPHOON24

1997年現スモーガスのギターSENSHO1500と現ババメニアのdaigoによって結成。
2001年4月、Bassに miya(ファンタスティックデザインズ)が加入(酔ったいきおいで)。現在の編成になる。現在まで精力的に活動を続け冬、3rd CD リリース。

<リリース>
1st FULL ALBUM『HELPLESS』リリース決定!!
2005年3月9日、全国一斉発売!!

品番:SHEEP-0004〈HITS-g RECORDS〉
価格:税込¥2,400(税抜¥2,286)

<LIVE SCHEDULE>
2/12(sat) 下北沢ガレージ
pygmy with bitter ends PRESENTS『SOFT MO DEL(Tokyo)』
w/pygmy with bitter ends/LO-LITE
ヨタロウ with プチロマンス[Alan Patton(Acc)+Honzi(Vln)+斉藤トオル(Key)]
坂元健吾(from 高円寺百景、pipin)/BRANCO/(O.A.)イカボール
OPEN 17:30/START 18:00 ADV¥2,000/DOOR¥2,500
[チケット:ローソンチケット(Lコード:34545)、各バンドHPにて]

3/02(wed) 渋谷O-Crest
『Crest Cup Vol.02 〜Impulse day〜』
w/ZARIGANI5、KOHL、GAUCHE、マカロニコンプレックス、マッハ
OPEN 18:00/START 18:30 ADV ¥2,000/DOOR ¥2,300
[チケット:チケットぴあ(Pコード:193-161)、ローソン、渋谷O-Crest店頭にて]

1st CD
「International Drinkin' Beer」
発売中
SHEEP-0001
定価\1,000(税抜\952)
HITS-g RECORDS
2nd CD
「black sheep dog」
発売中
SHEEP-0002
定価\1,000(税抜\952)
HITS-g RECORDS
3rd CD
「RIOT」
発売中
SHEEP-0003
定価\1,200(税抜\1,143)
HITS-g RECORDS
   

○UP HOLD

1995年、千葉にて結成。TATSUYA IGARASHI(V),MASAYUKI
HIRANO(G),KaZ(G),KEI(B.),GORO(Dr.)鳴り物入りでラウドミュージックシーンに姿を現し、これまでに7本の全国ツアー、SLAYER,S.O.D,MACHINE HEAD等20組を超える来日アーティストサポート。赤坂BLITZ,川崎クラブCITTA等で企画を行な
い堂々と成功をおさめるなど輝かしい経歴のもと、Limited Recordsより最新作「deepness of disorder」をリリースBANDとして目を見張る成長を続ける。

○10-FEET

1997年地元京都にてそれぞれ別々のバンドを組んでいたが、解散後、今のメンバーで意気投合し10-FEETを結成。関西を中心に地道なライブ活動を行っていたが、2000年12月に全てを10-FEETにかけ、3人で上京。実際、現実は甘くなく3人共同の極貧生活が始まる。
 2001年4月、5月と2ヶ月連続でシングルをリリースし、ひたすらライブ活動を行う。ライブをすればする程、ノルマが達成できずに赤字・・・。バイトする時間もどんどん削られ、ますます過酷な極貧生活に突入する。

 そんな中、2002年4月に満を持してリリースした1stアルバム「springman」がシーンで話題を呼び、初めてのツアーも大盛況に終わる。さらにたたみかけるように同年10月、3rdシングル「RIVER」をリリースし、一躍シーンの中でも注目を浴びる存在となった。また、アメリカの「THE SUICIDE MACHINES」の来日ツアーに同行し、バンドに対する意識がより一層高まる。この2枚のリリースが10-FEETの音楽性を拡げた。

  一度、活動拠点を東京から京都に戻す。そしてSUM41の来日ツアーでオープニングアクトをつとめ、2003年6月に4thシングル「nil?」をリリースし、初のワンマンをSHIBUYA AXで行いSOLD OUT。AXを皮切りにスタートしたツアーも軒並みSOLD OUTとなる。

 2004年1月に2ndアルバムをリリース。音楽性、客層もより一層拡がり、バンドとしてのスキルが格段に上がった。全都道府県54ヶ所のツアーを行い、各地でムーヴメントが起こる。また、オリコンでもベスト10に入るという快挙を達成。ツアー後の6月に間髪入れずに5thシングル「HEY!」をリリースし日比谷野外音楽堂でワンマンを行い、大成功に終わる。また、今回のシングルでもオリコンベスト10入りを達成。
 夏には積極的にフェスに参加し、バンドとして一皮むけ10-FEETのポジションを確固たるものとする。同年10月には6thシングル「BUZZING」と初のLIVE DVDを同時リリース。次から次へと話題を振りまき、ばく進中の10-FEET!この冬にはいくつかのコンピにも参加し、ついにBECKの曲にも参加。
目が離せないバンドです。

and more...   
○平林一哉 from HUSKING BEE

レコーディング・エンジニア兼サウンド・プロデューサーにJimmy Eat World、Blink182、The Living End、Rocket From The Crypt等も手掛けるMARK TROMBINOを迎えたニューアルバム!発売中。

○TATSUZO from YKZ

96年に結成。
97年、結成間もなく制作されたデモ・テープが話題・評判を呼びULTRA VYBEレーベルと98年に契約を交わし、1st ミニアルバム"EMPIRE OF THE SUN"を発表。東京を中心にした活動のみを行ってきたバンドとしては珍しく全国各地で人気となり、遂には確実なセールスを実績に持つアーティストとして全国的に認知される。
2000年になり、米LOUDレーベルでの企画LOUD ROCKSへの日本代表バンドとして参加するオファーを受け、レコーディングをスタート、不動の人気を誇るTHE BEATNUTSとのコラボレーションを実現させるなど精力的な活動を続けている。
○TYPHOON24

1997年現スモーガスのギターSENSHO1500と現ババメニアのdaigoによって結成。
2001年4月、Bassに miya(ファンタスティックデザインズ)が加入(酔ったいきおいで)。現在の編成になる。現在まで精力的に活動を続け冬、3rd CD リリース。
1st CD
「International Drinkin' Beer」
HITS-g RECORDS
SHEEP-0001
\1,000(tax in)
2nd CD
「black sheep dog」
HITS-g RECORDS
SHEEP-0002
\1,000(tax in)
(C)ハロルド作石/講談社
(C)ハロルド作石・講談社/2004 BECK製作委員会