KING AMUSEMENT CREATIVE

ちりり:
「芸術の秋です♪」
さらら:
「みんなで詩を書いて、たまちゃんにどの詩が一番いいか決めてもらおうと思ったのだが……」
ほろろ:
「赤い赤い赤い夕暮れ、ほんにょこにょ」
くるる:
「決着がつかなかったので、運動会で勝負することにしました」
ちりり:
「うーん、なにかまちがっているような……」
ほろろ:
「リレー♪ 騎馬戦♪ 綱引き♪ 棒倒し♪ 障害物競走♪」
くるる:
「それで、結局、誰が勝ったんだっけ?」
さらら:
「全員が勝ったのだ。己の弱い心にな」
ちりり:
「なんだか、よくわかりませんが、せんせいさんの買ってきてくれたサツマイモはおいしかったです」
ほろろ:
「みんなでお花の世話をすることにしました〜」
さらら:
「うむ……しかし……」
くるる:
「"はななん"……うぇぇーん(泣)」
ちりり:
「"はななん"さんが枯れないようにみんなで魔法をかけたのですが、そのせいで"はななん"さんはタネをつくることができなくなってしまったのです……」
くるる:
「うぇぇーん(泣)」
ちりり:
「泣かないでくるるちゃん」
さらら:
「"はななん"もくるるの泣いている顔はみたくないと思うぞ」
くるる:
「うん……そうだよね」
ほろろ:
「おおそうじ、おせち、こーはくの3つをクリアしないとお正月はこないんですよぉ〜」
ちりり:
「たまちゃんに教えてもらわなければ、お正月を永遠に迎えられないところでした」
くるる:
「ちりり子さん、あなた大掃除をなんだと思っているの!」
さらら:
「くるるの助! 歌合戦の決着、まだついていないぞ!」
ほろろ:
「黒勝て♪ 緑勝て♪」
ちりり:
「わたしたち、きっと、またなにかかんちがいしているんでしょうね……」
さらら:
「無事にお正月を迎えられたのだから、まちがってはいなかったと思うが……」
くるる:
「せんせいさんやたまちゃんと一緒にお正月♪」

(C)篤見唯子・エンターブレイン /「瓶詰妖精」製作委員会

(C)Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.