KING AMUSEMENT CREATIVE

くるる役 水樹奈々さん

「くるる役の水樹奈々です。くるるちゃんは、ホント、元気印な女の子で、4人の妖精さんの中では一番テンションの高い妖精さんだと思います。些細なことで、泣いたり、笑ったり、怒ったり、すごく感情表現の豊かな子です。そんな、なんにでも、新鮮に反応して、一喜一憂していく、可愛いくるるちゃんを、最大限の可愛さをふりしぼって演じていきたいと思います(笑) ストーリーも可愛くて、なにも知らずに、偶然、見た人でもすぐに入り込めちゃうような、不思議な魅力を持った作品ですので、ぜひ見てください」

さらら役 堀江由衣さん
「さらら役の堀江由衣です。さららは、武士道を重んじている妖精さんなんですが、さららの武士道というのは、どうやら時代劇みたいなんですよ(笑) 口調も「うむ」とか「〜だな」とか、他の妖精さんとは、少し違うんですが、そこがまた、イイ味出してるなぁって思うところなんですよ(笑) お話も、すごく純粋で、可愛いお話なので、きっと、一目見たら、「可愛い!」って思ってもらえると思います。何も考えずに「あぁ〜、可愛いなぁ」って思いながら、見てください」
ちりり役 名塚佳織さん

「ちりり役の名塚佳織です。ちりりは、おっとりした妖精さんです。しっかり者なところもあったりして、わからないことがあったら辞書を調べて、みんなに教えてあげたりもします。あと、だれにも気づかれてないんですけど、いつも頭を守っています(笑) いつも帽子をかぶっているし、第1話では、オボロちゃんの入っていたカプセルをかぶってみたりもしていました。なんで、頭を守っているのかは謎なんですが、頭を大事にしているみたいなので、これからも大事にしていきたいと思います。幸せいっぱいな作品なので、ぜひ、みなさんもこの作品を見て元気になってください」

たまちゃん役 桃井はるこさん

たまちゃん役の桃井はるこです。妖精さんたちはすごく小さいんですけど、たまちゃんは普通に小学生サイズなんでちょっと偉そうな感じです(笑) たまちゃんなりに、いろいろ妖精さんたちに教えてあげるというシーンが多いんですけど、私自身も、結構、知ったかぶりをして、嘘を言っちゃうことがあるので、なんか共感するものがあったりします(笑) 妖精さんたちが、いろいろと想像するきっかけになるような事を、投げかける重要な役柄なので、がんばって演じていきたいと思います。お子さんでも安心して見て抱ける、心温まる作品ですので、家族みんなで見てください。そして、たまちゃんの間違いを指摘してあげてください(笑)」
せんせいさん役 谷山紀章さん

「せんせいさん役の谷山紀章です。せんせいさんは、4人の妖精さんをあたたかく見守る役なので、最大限、自分の優しさを発揮できればと思っています(笑) あと、この作品唯一の常識人ですね。毎回、最後に登場して、まとめる役でもあるので、そんなところもがんばっていきたいなぁと思います。作品自体は、癒し系の作品なので、ぜひ、この作品を見て、みなさんも癒されてください。関係ないけど、僕個人としてはさらら萌えです(笑)」

(C)篤見唯子・エンターブレイン /「瓶詰妖精」製作委員会

(C)Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.