『ひまわりっ!』のキャラクターたちは、キャラクター原案であるokamaさんが最初にデザインし、それをキャラクターデザインのきしもとせいじさんが絵が動くことを考えてアニメ用にデザインをしている。その二人に、『ひまわりっ!』キャラクター誕生について聞いちゃいました!
 
――まずokamaさんにですが、どういったコンセプトでキャラクターを描かれましたか?
okama: 最初は都会の中の忍者学校ということで、もっと学園モノっぽく描いてました。それが、世間と隔絶された場所へと舞台が変わり、それに合わせてキャラクターも変わっていきましたね。最初は大まかに「強気な女の子」とか「メガネっ娘」という要望で描いていたものを、細部が煮詰まっていく中で修正していった、というところもあります。
――お二人で打ち合わせして絵を決めることはあるんですか?
きしもと: 実は、話をする機会があまりないんですよ。
okama: 絵描きは絵で話せ、ということで。互いの絵を見れば伝わって……るのかな(笑)。
きしもと: それはちょっと格好良すぎだけど……(笑)。実際、それに近い状態ですよね。多くを語るよりも、絵をもらった方が伝わりやすいこともありますし。だから、直接話す機会が少なくて不自由だ、と思うことはないですよ。
――きしもとさんは、okamaさんの絵を見て、どういう印象を持ちましたか?
きしもと:  監督たちも言っていたように(スタッフインタビュー第1弾参照)すごく力のある絵で、カルチャーショックでしたね。キャラクターがとても魅力的なので、僕の仕事は、キャラクターたちを三面図に、つまり動かせるキャラクターにすることだけです。
okama: 実はかなり大変でしょ? 動く絵になる、ということをあんまり考えないで描いちゃってるキャラクターも多いですし。僕としては「この髪型、どうやれば不自然にならずに動かせるのかなぁ」というのがいつも楽しみなんですけどね。
きしもと:  まぁ……確かに大変ですよ、ええ(笑)。でも、絵が好きでこの仕事を始めたくらいですから、イラストを見てる段階ではすごく楽しいですよ。情報量が多くて、絵自体が魅力的で。それに自分が手を加えるとなると、精神的なプレッシャーが大きいですね。okamaさんの絵は独特の味があるから、それを殺しちゃうのが怖い、という。描いてみたはいいけど、自分でリテイク出しちゃうこともありますし。納得いかないものを採用されちゃったら、自分が後悔しますからね。採用されるとそれを元に作画が始まっちゃうから、もう修正が利きづらくなるんですよ。
okama: 僕自身は、きしもとさんのデザインにはものすごく満足……というと偉そうだけど、すばらしいと思っていて、毎回見せていただくのが楽しみなんですよ。それがこれから動き出すとなると、まだまだ楽しみが続きそうです。
――okamaさんの絵を殺さずにアニメの絵を作るコツはありますか?
きしもと:  監う〜〜〜〜ん……。それこそ、絵にしてみないと分からない……(笑)。
――主人公のひまわりについて、苦労した点は?
okama: 主人公という性格上、とんでもないキャラクターにしにくいんですよね。それで、花の方のひまわりのイメージで黄色の忍者にしてみたり。……学園忍者モノということで、制服にするか忍者服にするか、考えましたね。
きしもと:  結局、学校では制服、普段は忍者服という形になりましたね。
okama: 忍者服が私服なんだ……。なんと女の子らしくない(笑)。
きしもと:  それを言っちゃうと、制服の時点で忍者らしくないし(笑)。
okama: 忍者なんだから、もっと忍べ!! って感じで(笑)。
――苦労したキャラクターは誰でしたか?
きしもと:  それはもう、しきみですよ。決定するまでに、髪型も何度も変わりましたし。
okama: でも、唯一のメガネっ娘だから、気合い入れて欲しいかな〜とか(笑)。
きしもと:  それに、普段はものすごく優等生だけど……という、最近で言うところのツンデレですからね。他にもお茶を点てるように毒を調合したりと、苦労もあるけど面白いキャラクターですよ。
okama: ゆすらも、苦労といえば苦労でしたね。ひまわりを子供っぽくしてしまったから、周りより幼く見える設定のゆすらがどんどん幼くなっていって(笑)。
――作業は大変ですか? それとも、楽しいですか?
きしもと:  まだ楽しいと言える段階には到達してないですね。キャラクターがアニメになって動き始めれば、楽しくなってくると思います。今でも愛着のあるキャラクターはたくさんいますけど、動いた時に楽しくなりそうだ、ということでデザインしたキャラクターは、これからどんどん好きになっていくんじゃないかと。
ヒメジというキャラのツインテールは、okamaさんにいただいたラフよりもさらに大きくなってるんですよ。アクションシーンでこれが綺麗に流れると、映えますよ。
――最後に、『ひまわりっ!』の放送を楽しみにしている視聴者へのメッセージを。
okama: 放送開始まではちょっとだけ時間があるので、忘れないでね。
きしもと:  ……え、それで終わりですか(笑)。
okama: 名文句、期待してますよ(笑)。
きしもと:  僕は……魅力的なキャラクターがいて、制作スタッフもかなりの気合いで作業に臨んでます。楽しみに待っていてください!