KING AMUSEMENT CREATIVE

 
Story Staff and Cast Special Release
 
「電撃文庫 春の祭典」で、『パピクロ』&有沢まみず先生を
ゲストに『いぬかみっ!』劇場直前イベントが開催!
 
 
 桜も満開の季節となった4月1日。東京・秋葉原UDXを舞台に、電撃文庫ファンにおくる感謝祭『電撃文庫 春の祭典』が開催された。 会場は多くのラノベファンやアニメファンが訪れ賑わっていたが、そんな中、Akiba3Dシアターでは、 4月21日の劇場公開を間近に控えた『いぬかみっ!』の劇場直前イベントが行われ、名塚佳織さんと長谷川静香さんによるユニット『Puppy's clock』こと『パピクロ』、さらには原作者の有沢まみず先生がゲストで登場。 会場を埋めたファンとともに、歌にトークに盛り上がった。
 
 
 イベントが始まると、満員の観客による拍手の中、名塚佳織さんと長谷川静香さんによるユニット『パピクロ』がステージに登場。さっそく2人がパーソナリティをつとめる、Webラジオ『こいぬのじかん』のテーマ曲『Puppy's clock』で会場の雰囲気を盛り上げていく。ステージの上を軽やかな振り付けで、元気に駆け回る2人の可愛い姿に、会場のファンの視線は釘付けに!
 
名塚「みなさーんこんにちは! 『Puppy's clock』の名塚佳織と!」
長谷川「長谷川静香です!」
名塚「今日は、『いぬかみっ!』劇場版のイベントに集まってくださいましてありがとうございます! 最後まで楽しんでいってください!」
 
 歌い終わると、2人は笑顔で手を振りながら観客にご挨拶。それをうけて、会場からは大きな拍手が湧き上がった。   続いては長谷川静香がソロで歌う『元気のしるし〜ともはねの一週間のうた〜』。『いぬかみっ!』のキャラクターソング第3弾『ともはね&啓太』に収録されてる、明るく元気いっぱいのこの歌は、まさにいつも元気印な長谷川さんにぴったりの曲。   パワーいっぱい元気いっぱいといった感じで歌う彼女に負けないぐらいの勢いで会場のファンからも大きな手拍子が送られ、ステージ上の長谷川さんは嬉しそうに笑顔でこの曲を歌い上げた。

「かーわいー、かーわいー」と言う名塚さんに、長谷川さんは「2曲続けてだから、暑くなってしまいました」と、ちょっと照れた様子。
 

長谷川「初めてこの『元気のしるし〜ともはねの一週間のうた〜』を今回お客さんの前で歌わせてもらいました」
名塚「収録したのはずいぶん前なんだよね」
長谷川「実はTVシリーズが始まる前ぐらいに収録した曲だったりします」
名塚「久しぶりに歌っての感想は?」
長谷川「いやぁ、緊張しました。実は歌詞を間違えたぐらいに(笑)。ステージとお客さんとの距離も近いし、ホントに緊張しました」
名塚「でもなんかみんな暖かい眼で応援してくれて、嬉しいですよね」
長谷川「アットホームな感じで、良かったです」
名塚「可愛かったよ」
長谷川「ありがとうございます!」
 
 続いては名塚さんの番。ということで、歌うのは『いぬかみっ!』のキャラクターソング第2弾『なでしこ&啓太』に収録されている『Twinkle star』。ふんわりした曲調と、名塚さんが演じるなでしこの、薫さま一筋という心に秘めた想いが感じられる歌詞の曲で、今度は会場のファンもじっくりと聴き入っている様子。
 心を込めて歌ったという感じの名塚さんは「私も実はこの曲を皆さんの前で歌うのは初めてでした。久しぶりに歌って楽しかったです。また、こういう機会があったら歌いたいと思っております。どうもありがとうございました!」と、大きな拍手を受けながら、会場のファンに笑顔で語ってくれた。

歌に続いては、トークのコーナー。ということで、名塚さんと長谷川さんに続いて、ゲストに登場したのは原作者の有沢まみず先生。
 前日に行われた『劇場版いぬかみっ! 前夜祭』でマッチョの神輿に乗って入場してきた有沢先生はさっそくその件で2人に突っ込まれ、ちょっとその時のことを思い出したか苦笑気味の様子。
 
 
名塚「イベント終了後に楽屋に行ったんですけど、中はムンムンで(笑)……原作ではマッチョがたくさん出てきますけど、実際に触れ合った感想はどうでしたか?」
有沢「近くにいると暖房がいりませんよね。パンツ一丁なのに体温高くて(笑)」
 
 微妙な話から始まった『劇場版 いぬかみっ!』トークだったが、名塚さんと長谷川さんは「楽しみです」と有沢さんを前に大はしゃぎ。 今日が4月1日のエープリルフールということで、劇場版というもの実は壮大な嘘なのでは心配する2人に、有沢先生が、「大丈夫です。絶対やります(笑)」と安心の太鼓判。
 
名塚「劇場版のアフレコがありましたが、その収録に有沢先生も来てくれて、その後焼き肉の打ち上げにも行ったんですよね」
有沢「マッコリが美味しかったですよね」
名塚「マッコリってお酒なんですけど……いまいちな反応ってことは、会場の人は学生が多いのかな? だとすると、劇場版見て大丈夫かなぁ。アニメより、さらにギリギリラインのところに行ってるので(笑)」
有沢「そうですね。『電撃文庫ムービーフェスティバル』は三本立てなんですけど、他の作品との兼ね合いは大丈夫なのか心配になりますよね(笑)」
名塚「(笑)」
 
 そんな話を2人がしている間に、長谷川さんが楽屋から『いぬかみっ! THE MOVIE イメージマキシシングル付き前売り鑑賞券』を持ってくると、会場のファンと、有沢先生にお披露目。 ここで話題は、なぜか長谷川さんの大好物であるマヨネーズを付けて食べるバナナは美味しいかどうかという話しに脱線。
 
長谷川「ちなみにプリンにマヨネーズって知ってますか?」
有沢「え、ちょっと、あり得ないって感じです……」
長谷川「これは新しい味なんですけど(笑)」
 
 いまいちな有沢先生の感想に、『バナナにマヨネーズ党』の党首である長谷川さんは納得できない様子。客席の反応も微妙ということでちょっとがっかりといった感じだった。 さらに名塚さんが、4月10日発売の最新刊となる『いぬかみっ!13巻完結編 上巻』をステージ上で初お披露目。
 
名塚「内容も盛りだくさんという感じですね」
有沢「そうですね。上下巻になってまして、下巻は5月に発売予定となっています。ぜひご期待下さい!」
 
 などなど、『劇場版いぬかみっ!』だけでなく、原作のノベルなどに関するトークなども絶好調。会場のファンとともに盛り上がっていた。

  こうして過ぎていった楽しい時間もそろそろエンディング。イベントのラストを飾るのは、やはり名塚さん&長谷川さんの『パピクロ』が歌う『ワンだふる初デート!』。 ラジオCD『こいぬのじかん』に収録されているこの曲は、まさに『パピクロ』といった感じの曲で、2人の息のあった振り付けと、アップテンポで元気いっぱいの歌声に、会場のファンも手拍子でこたえ、お互いの熱気も急上昇。 間奏の間に入る2人のセリフのシーンもステージ上でしっかりと再現されたりと、聴くだけでなく見ても楽しめる、そんな『パピクロ』に観客は魅せられていたようだった。

 ラストに2人から「楽しんでいただけましたか、みなさん今日のイベント? あっという間ですがお別れの時間になってしまいました。今日はこんなにたくさん集まってくださいましてありがとうございました。みなさん、『いぬかみっ! THE MOVIE 特命霊的捜査官・仮名史郎っ!』をぜひ楽しみにしていて下さい!」と、お別れの挨拶でイベントは終幕。  
こうして歌にトークに30分間、劇場版ばかりでなく、『いぬかみっ!』ワールドをたっぷりと楽しめたイベントとなっていた。