KING AMUSEMENT CREATIVE

いぬかみっ!
ストーリー 放送日時 キャラクター スタッフ&キャスト
リリース情報 ギャラリー リンク WebRadio
xxx ともはね日記 小説 ニュース
 スターチャイルドの人気アニメ・人気声優・人気アーティストを、歌やトークで楽しめるイベント「すたちゃまにあ全員集合!! 春の公開録音」が5月28日にZepp Tokyoにて行われた。その第1部トークパートの最後を飾る「いぬかみっ!」ステージには、ようこ役の堀江由衣さん、なでしこ役の名塚佳織さん、ともはね役の長谷川静香さんが参加。そして、当初は予定されていなかった飛び入りゲストとして啓太役の福山潤さんも加わった。ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記さんの司会で行われた、そのステージの模様をお伝えしていこう。
――アフレコの雰囲気はどうでしょう?

堀江「楽しいですよね」

福山「始まった時はまだ寒かったんですけど、メチャメチャ汗だくになるんですよ。スタジオに加湿器があるんですが、始まった時は50%ぐらいなんですけど、アフレコが終わると65%ぐらいになるんです(笑)」

――しかも、この作品だと女性キャラクターが非常に多いわけじゃないですか。

名塚「私たちが出ている時は、特に10人いぬかみがいる時で、10人は確実に女性がいるんですよ。だからそういう回は、フレッシュな水分が多いです(笑)」


――白塗りの男が、みんなしてハイハイしているところなど強烈なシーンが満載ですが、現役高校生の長谷川さんは、この作品をどう思って参加されていますか?

長谷川「楽しいですよ」

――あっさりまとめましたね(笑)。引いたりしないかどうかということを聞いてみたいんですけど。

長谷川「ここは引かないと言った方が……」

堀江「私は意外と食いつきました(笑)」

――しかも毎回毎回、出てくる男性が非常に濃いじゃないですか。ゲスト出演の方も多いですし。

福山「濃いですね。千葉繁さんがいらっしゃったり。もう、どこまで俺がんばれば追いつけるんだろうという(笑)」

――この作品では、ある意味座長的な存在で堀江さんがいて、そこに高校生の長谷川さんもいて、女性声優さんたちのアフレコでの関係も気になります。

長谷川「でも、この前、私の高校に堀江さんが入学して……」

――あれっ、おいくつでしたっけ?

長谷川「はい、17歳です」

堀江「はい、堀江由衣、17歳です(会場から歓声とともに「おいおい」の突っ込み)」
 
――では、演じているキャラクターについて質問していきます。まずは堀江さんから。

堀江「アフレコが始まってから、意外と体力勝負な役だということに気づきましたね。啓太を怒って怒鳴ったりとか、いぬかみのみんなにウワーッと言ったりするシーンが多かったんで、終わった後に『フゥ……』って」

――やっぱり17歳ともなると、体の疲れも抜けきらず、ですか(会場笑)。けっこう日常生活でも、家事がそんなに得意じゃなさそうな雰囲気が堀江さんにも……(会場笑)。

堀江「共感しやすいキャラクターですね、すごく(笑)」

――この間ニッポン放送の番組に堀江さんが遊びに来てくれた時、4月の段階で「前回お部屋を掃除したのはいつですか?」とお伺いしたら、「2月の10日」と答えられましたよね(笑)今日、5月28日の段階で、前回お部屋を掃除されたのはいつですか?

堀江「2月の10日です(会場笑・拍手)」

――名塚さんはどうですか?

名塚「私、掃除好きで、けっこうこまめにしたがる方なんです。でも、すごい時間がかかるので、なかなか片づいたというふうにはならないですけど」

――でも、前回が2月10日ということはないですよね。

名塚「それはないです。昨日しました」

――長谷川さんはどうですか?

長谷川「私も、堀江さんと同じぐらいです(笑)」

――福山さんはいかがですか?

福山「いやさっき堀江さんがああおっしゃって、頭の中で浮かんだ言葉が『ああ、ひとりじゃないんだ』という(笑)」

――では福山さんは、啓太のような男性というのはやはり演じていて楽しいですか?

福山「一つ前のステージの『となグラ!』のように、下着姿の女性に抱きつくとか、そこまでいかないですから。その前に燃やされたりとか蹴られたりとか、素っ裸になって留置所に行ったりとかするわけですよ(笑)。どっちかっていうとオモチャにされてるんです」

――なでしこですが、本当におしとやなかキャラじゃないですか。

名塚「そうですね、唯一汚れたことを知らないキャラと言われているんですけども。周りがすごい個性が豊かじゃないですか。だからすごい引っ込んじゃうんですよ。そのレベルが難しいなという感じがします。ちょっとがんばりすぎると、『ちょっと男前すぎるから』と言われるんで、そういわれないように気をつけています」

――そして、ともはね役の長谷川さん。

長谷川「すごい元気な役で。元気なところが私と似ているんですけど、あまり役に立たないところも似ているんですよ(笑)。私はいてもいなくてもあんまり関係ないみたいで」


――そんなことないですよね、みなさん。

堀江「そんなことないよ」

名塚「すごい癒されますよね」

堀江「癒される癒される」

長谷川「良かった(笑)」

 ここで出演者は、堀江・福山組と名塚・長谷川組に分かれミニゲームで勝負することに。気になるゲーム内容は「1位はダメよクイズ 犬のおもちゃ大図鑑」。両チームはパネルに掲示された9つの「犬のおもちゃ」をひとつずつ選んでいき、いちばん値段が高いおもちゃを選んでしまった方が負けとなる。

 ここで登場した、「いぬかみっ!」用のスペシャルウェポンは、あまりのまずさで名高い「ノニドリンク」だ。負けたチームは、罰としてドリンクを飲まされるとあって、出演者は超真剣にゲームに取り組む。先攻の堀江・福山組、後攻の名塚・長谷川組は次々と安そうなものから選んでいくのだが、用意されたおもちゃは「犬用アクセサリー」や「犬用テント」など、値段の見当がつきにくいものばかり。そんななか名塚・長谷川組が、「作りが安そう」ということで「犬用シーソー」を選んだのだが、残念ながらこれが1位。なんとお値段11万7千円!

 かくして、負けてしまった名塚さんと長谷川さんが恐怖のドリンクを飲まされることになった、……のだが、会場の空気は、福山さんがドリンクを飲む流れに。結局、名塚さん、福山さん、そして司会の吉田アナが、「イッキ!」コールをバックにノニドリンクを飲み干した。
――「いぬかみっ!」は、これから後半に入っていくわけですが、最後に一言お願いします。

堀江「とても楽しくて、にぎやかな作品になっています。これからいろんな展開がどんどん待っていると思うので、ぜひみなさん、1話も見逃さないという気持ちで見てください」

名塚「とりあえず、すごく濃いジュースが欲しいんですけど(笑)。長谷川静香ちゃんと一緒にネットラジオをやっているんですよ(「こいぬのじかん」毎週金曜日更新)。けっこうギリギリのラインのトークが聞けたりするので、ぜひぜひみなさん、深夜とかに聞いてワクワクしてください」

長谷川「『いぬかみっ!』はすごく面白いアニメで、私自身もアフレコをしている時にいつも笑っています。なので、みなさんも笑顔で見ていただけたらうれしいなと思います。ラジオも聞いてみてください」

福山「毎回毎回ハイテンションでやらせていただいていますが、これほど楽しいハイテンションも珍しいというくらいです。これ、夕方に録ってるんですか、次の日のことを考えないで、いつも全開でやっています。見ている方々が楽しんでいただけたら、これにて幸いということで、本当に毎回毎回、汗をたらしながらキャスト一同がんばっていますので、深夜ですけど見ていただけたらうれしいです」
第2部のライブステージには堀江さんが登場し、「いぬかみっ!」のオープニングテーマ「ヒカリ」を熱唱。さらに堀江さんがリーダーを務めるAice5が、番組エンディングテーマ「友情物語」を披露した。