KING AMUSEMENT CREATIVE

NEWS/SPECIAL
 
〜「kiss×sis」『バランスKISS』&『ふたりの♡ハニーボーイ』同時発売記念〜
「あこりこトークイベント(握手付き♡)」レポート

 AT-Xにて放映中のアニメ『kiss×sis』のあこりこによるトークイベント&握手会が、2010年4月25日に東京・音羽の講談社講堂にて行われた。
本イベントに参加するためにはTVアニメOP主題歌「バランスKISS」とOAD主題歌「ふたりの♡ハニーボーイ」に同封されている2枚のチケット”が必要だったのだが、なんとのべ1000人ものファンが来場!(イベントは昼夜通じて全3回開催)
ここではそんな熱気溢れるイベントの様子をお届けしちゃいます。
 
今回レポートで紹介するのは、昼に開催された2回目の公演!
ステージに住之江あこ役の竹達彩奈さん、住之江りこ役の巽悠衣子さんが登場すると、会場には待っていましたとばかりに盛大な拍手が鳴り響きました。
会場には女性ファンの姿も散見されたことから、竹達さんは「女の子がチラホラと入って目の保養になります。ありがとうございます!」とご満悦の様子。
さらに竹達さんは「本日は握手会も開催されるということでちょっぴり緊張していますが、私なんかの手でよければ握ってやって下さい!」とコメントし、会場を沸かせていました。

一方、1回目(朝の部)のときに緊張しっぱなしだったという巽さんは「今は落ち着きながら、テンションも上がっている感じです」とリラックスできた様子。
握手会についても「皆さんとゆっくり握手をしたいと思います。ハンドクリームも塗りましたので」とアピールしていました。そんな巽さんに対して「私だってハンドクリーム塗ったもん!」と竹達さんが対抗意識(?)を燃やして、爆笑を巻き起こすひと幕も。  


とにかく賑やかなふたりに対して、収録に関する質問も飛び出しました。
現場の雰囲気については、「登場キャラクター数が多いので、TVシリーズの収録現場はいつもワイワイしてるよね!」と口を揃えて回答。
ちなみに、女性キャストばかりの現場なので、住之江圭太役の武内健さんはいつも小さくなっているのだそうです。
逆にOADの収録に関しては、メイン3名での収録になるため、TVシリーズとはまったく違った雰囲気なのだとか……。
ここで巽さんは「りこと圭太がキスをするシーンのとき、振り向くと彩奈がすごくニヤニヤしているんですよ」と暴露。「なんで言うのっ!(笑) でも、本当にニヤニヤが止まらなくて!」と返す竹達さんに会場からは歓声が巻き起こっていました。
収録現場での苦労話に話が及ぶと、竹達さんは「過激なシーンを演じるときは頭が真っ白になります。自分が何を言っているのか覚えていない」、巽さんは「第3話でりこが壊れるシーンがあるんですが、ああいう演じ方をするのは初めて。りこにもこういう一面があるんだなと思いつつ演じました」と作品を振り返っていました。  

トークショーが終わると、いよいよ来場者全員との握手会。
竹達さんと巽さんは、ファンひとりひとりと向き合いながら握手を交わしていきます。
中には遠路はるばる飛行機に乗って会場に駆けつけたというファンもいたそうですが、きっと満足のいく一日になったのではないでしょうか。

イベント終了後に、おふたりは取材陣に向けて感想を語ってくれました。


■インタビュー

──本日の感想を教えてください。
 生まれて初めて握手会というものに参加したんですが、皆さんのパワーには圧倒されました。北海道や長崎から来て下さった方もいらっしゃったそうで……その気持ちが嬉しく感じました。皆さんの顔を見て話す貴重な機会を頂けて幸せです!

竹達 私も握手をする側はもちろん、握手される側になったこともありませんでした。なので、最初は「私なんかでいいんだろうか」という気持ちもありましたし、「握手をするときに何を喋ったらいいんだろう?」みたいなことばかり考えて緊張していたんですが、いざ握手会に望んだらみんなの愛がひしひしと伝わってきて……。「(私たちに対して)パワーをもらえました」とおっしゃって下さるんですが、逆にこちらがパワーを頂いたような気分です。


──アニメ『kiss×sis』の今後の見どころは?
竹達 『kiss×sis』という名前だけあって、あこ&りこと圭ちゃんがチュッチュしてる所は見どころかなと(笑)。でも、そういう過激なシーンだけじゃなくて、ちょっと笑ってしまったり、心がホワッと温かくなるようなシーンもあるので、全て見逃さずにチェックしてほしいです。エッチなだけじゃないんですよ(笑)。

 (このイベントのときは)第3話まで放映が済んでいるんですが、これから他のキャラクターたちがあこ&りこ以上に活躍することになります。その度に過激なシーンも登場します! 一方であこ&りこの中にある健気な気持ちも少しずつ見えてくるので、そういった部分にも注目しながら楽しんでいただきたいと思います。


──あこ&りことしてCDデビューも果たされましたが、CDの聴きどころを教えてください。
竹達 あこ&りこの楽曲は、比較的アップテンポなメロディーの曲が多いです。設定的には双子ですし、お互いの息を合わせるように気をつけて歌わせてもらいました。聴きどころ……は全部なんですが、とくに歌詞にはあこ&りこの圭ちゃんへの想いが詰まっているので、ぜひ“圭ちゃんになったつもり”で聴いてみてください。

 実は「ふたりの♡ハニーボーイ」は1年以上も前にレコーディングした曲だったんですが、それが世に出て感無量です。『kiss×sis』の楽曲は、歌詞も音楽のノリもアニメの延長線上にあるので、アニメを楽しむのと同じように何度もリピートして聴いてもらえればもっと『kiss×sis』の世界に溶け込めるんでもらえるんじゃないかと思います。


──今後、歌の部分で「こんなことをしてみたい」というのはありますか?
 ライブとかやってみたいですね。

竹達 ちょっぴり不安だけど……。

 いや、だいぶ不安です(笑)。ちなみに5月26日にあこ&りこのミニアルバム「あなたにkiss」が新曲5曲入りで発売されるんですが、そちらの収録もバッチリ終わりました。バラエティに富んだ曲が詰まっていると思います!

──最後にファンの方々に向けてひと言メッセージを下さい。
竹達 1日で何回も来て下さった方もいらっしゃいますし、遠い所から来て下さった方もいらっしゃいます。はたまたどうしてもら来られなかったという方もいらっしゃると思うんですが、皆さんの気持ちはひしひしと伝わってきました。『kiss×sis』という作品はこれからも様々な形で展開していきますので、アニメもラジオもCDも全部合わせてチェックして頂けたら嬉しいです。

 お忙しい中、来て下さって本当にありがとうございます。ファンの方の言葉が直接私たちのパワーに変わる気もしますので、もしまたこういう機会がありましたらぜひぜひ足を運んでみてください。今回来られなかった方も次こそは来て頂けたら嬉しいです。皆さんの言葉はちゃんと私たちに届いてますので、今後ともよろしくお願いします!