KING AMUSEMENT CREATIVE

 
 
絵本作家を目指している白鳥隆士は東京にあるデザイン専門学校に通うために、母親の従姉妹が営んでいるアパートへやってきた。

アパートの名は「鳴滝荘」、都会には似合わない平屋一階建ての古風な建物だ。管理人をしているのは、青華短大付属高校に通っている高校2年生の蒼葉梢。隆士のはとこにあたり、隆士とは10年以上も昔に会ったことがあるらしい。

鳴滝荘には5人(+1匹?)の住人いた。1号室には梢の大親友、茶ノ畑珠実が。3号室にはマイペースなお姉さん、桃乃恵が。5号室には母親の黒崎沙夜子と一緒に住む中学一年生の黒崎朝美が。そして、6号室には腕人形のジョニーと住む(!?)灰原由起夫が、それぞれ暮らしていたのだ。

住人たちはみな個性的で、ひとクセもふたクセもある強者揃い。だけど、本当の強者は梢だったのである。彼女は何かでショックなど受けると別キャラに『変身』してしまう秘密の持ち主。そんなこととは露知らず夢を実現させるために鳴滝荘にやってきた隆士。

いったいどんな生活が、彼の今後に待ち受けているのだろうか?
 

#1話〜#5話 | #6話〜#10話 | #11話〜#15話 | #16話〜#20話 | #21話〜#25話 | #26話

 
 
脚本:山田靖智 絵コンテ:木村真一郎 総作監:藤井昌宏
演出:鈴木洋平 作監:野口孝行  

 出来上がった課題の絵本を隆士が梢に読み聞かせていると、突然、梢に変化が!またしても変身してしまったようだ。しかも今回は、いまだ住人たちと一度も会話をしたことがない子であり、誰ひとりとして名前を知らない女の子だったのだ。そこで桃乃の招集により住人たちが集結!急遽、彼女の心を開かせて友達になるための「オープンハート作戦」が決行される。まずは、恵から。縁側に腰掛けて本を読んでいる彼女に話しかけるが!ぜんぜん話が続かない。次は沙夜子が「……あの子とは波長が合うような気がしていたの……」といって近づくが!無言のまま並んで座っているだけで何も起こらない。今度は朝美が、とっておきのギャグを披露するが!チラリとこちらを見ただけで、その後はまったくの無反応。そして今度は、私たちの出番とばかりに珠実と灰原が登場し、珠実の人形ドワルガーと灰原のジョニーとで劇をはじめるが!やっぱり無視。最後に隆士が登場して話しかけるが!ひと言もしゃべらす、代わりに手品を披露。結局、誰も彼女と話すことはできなかったのだ。だが、その後も諦めることなく話しかけ続ける隆士に、再び彼女が手品を披露してくれて…。
 

 
 
脚本:新宅純一 絵コンテ:西村博昭 総作監:藤井昌宏
演出:西村博昭 作監:柳 伸亮  

 いまだ夏休みの課題である絵本を仕上げていない隆士。気が付けば新学期まであと1週間と迫り、気持ちばかりが焦る日々。隆士のことを心配する梢は、「しばらくそっとしておいてあげましょう」と住人たちに釘を刺す。炊事場でお茶を飲みながら、隆士が思い悩んでいると、中庭にあるお楽しみ畑の方から梢の声が聞こえた。畑に向かって話しかけているようだが、なぜか畑から返事の声が!驚いた隆士が畑を見ると、そこには、植物の声をアテレコする沙夜子の姿があった。植物が話すなんてことはあり得ないと思いつつも、そこから絵本のヒントを得る隆士。形になりそうな予感がし、スケッチに取りかかる。課題に没頭するあまり食事中もうわのそらで、その後も縁側で考え続ける。何度となくストーリーは浮かぶものの、コレといったお話ができない。場所を移し、釣りをしている灰原の横でストーリーを練るが、それでもいいものは浮かばない。考えることに疲れてしまった隆士は、部屋でごろりと横になって目を閉じた瞬間、脳裏にお楽しみ畑を世話する梢の様子が浮かび……。再び何かが思いついた隆士は、寝るのをやめスケッチブックに向かいはじめる。
 
 
 
脚本:山田靖智 絵コンテ:長井龍雪 総作監:藤井昌宏
演出:長井龍雪 作監:佐野英敏  

 恵の部屋のドアが壊れてしまい、隆士が修理をすることに。梢や恵と一緒に物置部屋で修理に使う道具を探していると、戸棚の奥から梢のお祖父さん・蒼葉総一郎が書いた日記帳が見つかる。パラパラ捲っていくと、そこから鳴滝荘の地図が。梢が日記帳の開いたページに目を落とすと、「鳴滝荘に代々代々伝わるという宝の在処を示した地図を見つけた…」とあり、いまだ鳴滝荘のどこかに宝が埋まっているらしいのだ。こうしては居られないと、恵が先頭に立ち鳴滝荘の宝探しが始まった。本当に宝が埋まっているのか半信半疑の隆士をよそに、住人たちはやる気満々で、梢も楽しみな様子。しかし、地図に沿って該当する場所へ向かっても、宝はなかなか出てこない。その後、ずっと修理のことが気になっていた隆士が恵にドアは直さなくていいの?と切り出す。一瞬考えて修理のことを隆士に一任すると、再び恵は宝探しを始める。やれやれと思いながらも修理を始める隆士だが、釘がないことがわかり、梢や珠実と共に買い物へ出かける。その帰り道、宝探しをする住人たちのお土産にスイカを買っていこうと八百長さんへ寄ったところ、八百長の店主から鳴滝荘にまつわる意外な昔話を教えてもらうことになる……。
 
 
 
脚本:佐藤勝一 絵コンテ:又野 弘道 総作監:藤井昌宏
演出:又野 弘道 作監:小山知洋  

 鳴滝荘では、あまりの暑さから住人たちが夏バテになっていた。そこで恵の提案により、レンタカーを借りて海へ遊びに行くことに。途中、「恋人岬」にも立ち寄った住人たち。なんでもここは恋人同士で訪れれば、その愛が永遠に続くといわれる場所らしい。しかし、ひとりで訪れても岬の突端まで行き、海に向かってメッセージを叫べば、その言葉が相手の心に伝わるとか伝わらないとか?とりあえず岬の突端まで行き、メッセージを叫び出す住人たち。そしてやっと目的地の海に到着すると、住人たちはすぐさま水着に着替えて騒ぎ出す。隆士は恵に頼まれて、サンオイルを塗ったり、梢からは「一緒に海へ入りませんか?」と誘われるが、カナヅチだからという理由で断る。だが、白鳥の付いた浮き輪を手渡され、一緒に海へ。ぷかぷか浮かびながら海を楽しんでいると、今度は朝美から「ボールで遊ぼうよ!」と声をかけられる。そしてついに本日の隠し玉であるスイカ割りがスタートした! トップバッターは朝美。だが、なぜかそのお腹には、珠実がぐるぐると長い帯を巻き付けていた。これはもしかして時代劇などでみられるアレをするためだろうか……?
 

 
 
脚本:あみやまさはる 絵コンテ:伊藤真朱 総作監:藤井昌宏
演出:伊藤真朱 作監:丸山隆  

 商店街でひとつのたい焼きを取り合う子供をなだめる隆士と出会った恵は、なにを思ったか「明日の日曜日ヒマ?」と隆士をデートに誘う。当日、理由もわからず恵とでかけることになった隆士は、髪型や服装などいつもとは違う彼女の姿に驚き、さらに恵とのデートだと気が付き、今更ながら慌て出す。そこへちょうど梢が現れる。恵から一緒にでかけることを事前に聞いていた梢は、隆士が他の住人たちと一緒に出かけするくらい仲良くなっていくことを喜んだ。今日のデートは、全面的に恵のおごりだという。十分にウインドウショッピングを楽しんだ後は、映画館へ向かう2人。映画館では肘掛けに乗せた隆士の腕に恵の腕が密着し気持ちの落ち着かない隆士をよそに、恵はひとり海外へ留学している彼氏との思い出に浸っていた。上映後、コミカルなシーンにも関わらず泣いていた恵のことを気遣う隆士。コンタクトのせいにして誤魔化そうとするが、すぐさま隆士に向かってなぜか恵が謝り出して……。
 
 

(C)小島あきら/スクウェアエニックス・まほらば製作委員会