2014年1月23日

今夜再放送の第17話で、茉莉香たちが誘拐犯に!?

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!

本日、1月23日(木)は『モーレツ宇宙海賊』、再放送の日。

tvkで、 「SAILING 17 意外なる依頼人」が放送されます。

(キッズステーションでは、先週の更新で紹介した「SAILING 16  初仕事! 白凰海賊団」が放送されます)
16話再放送ブログ:http://king-cr.jp/special/mo-retsu/gekijo/blog/?p=515

 

ヨット部部長のリンから、前部長ジェニーの誘拐を依頼され、驚く茉莉香。
しかし、実は本当の依頼主はジェニー本人。
伯父のロバートに強要されている政略結婚を拒否するため、自分の救出を依頼してきたのでした。
チアキには反対されながらも、茉莉香はジェニーとリンの依頼を請けると即決。
ところがジェニーは、茉莉香たちが誘拐へ向かう前に小型船に乗って一人で脱出してきます。
そして、弁天丸に保護されると、リンの元に駆け寄って部員たちの目の前で……。
17-1

 

ジェニーとリンの意外な関係が明かされるエピソード。
2人からの依頼を請けた弁天丸に対して、ロバートが圧力をかける展開では、
茉莉香たち海賊と保険会社のビジネス関係についても描かれていきます。
弁天丸を担当するハロルド・ロイド保険組合のショウって、怪し過ぎるルックスに反して、意外と良い人なんですよね。
17-2

 

また、今回の登場シーンは少ないものの、ぜひ覚えていて欲しいのがジェニーの乗ってきた小型宇宙船サイレントウィスパー。
17-3

 

帝国軍での配備も始まったばかりというバリバリの最新鋭機なのですが、どうやら2月22日(土)公開の『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』にも登場するらしいのです!
これが劇場版バージョンのサイレントウィスパー!!
17-4

 

高い電子戦能力やステルス機能を有し、超光速跳躍も可能という超高性能偵察機が大スクリーンでどのような活躍を見せてくれるのか、楽しみにしましょう。

 

ちなみにサイレントウィスパーは、TVシリーズでも今後、再登場しますよ。

 

最後に第17話の放送情報を確認しましょう。
tvk:1月23日(木)22:30~
キッズステーション:1月30日(木)24:00~(リピート放送あり)

 

白凰女学院ヨット部の海賊ぶりもますます板についてくる第17話。
お楽しみに!

2014年1月16日

今夜再放送の第16話は、チアキちゃんにも注目!

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!
本日、1月16日(木)は『モーレツ宇宙海賊』、再放送の日。

tvkで、 「SAILING 16  初仕事! 白凰海賊団」 が放送されます。

(キッズステーションでは、先週の更新で紹介した「SAILING 15 密航出航大跳躍」が放送されます) 
15話再放送ブログ:http://king-cr.jp/special/mo-retsu/gekijo/blog/?p=492

 

病院で隔離中のクルーに代わって、弁天丸に乗船する事になった白凰女学院ヨット部。
ぶっつけ本番での初めての超光速跳躍にも成功し、海賊営業へと向かいます。
みんなでカレーを食べたり、一緒の部屋で眠ったりと、合宿のような雰囲気を楽しむ部員たち。
しかし、本番直前に海賊営業の難しさを知らされると、自分たちにできるのだろうかと、弱気に。
「私たち素人だし」と話す仲間に、茉莉香は船長として「やってもらいます!」と喝を入れ……。
16-1

 

白凰女学院ヨット部によるドタバタな海賊営業が描かれるこのエピソード。
部員たちの個性豊かなコスプレも見どころですが、
キツイ口調でツッコミを入れつつ、茉莉香や部員たちをサポートする、
「チアキちゃん」こと、チアキ・クリハラの有能な副官ぶりが際立つ回でもあります。

16_3 16_2  16-5 16-6

 

超光速跳躍に成功し、ひと安心した茉莉香がハラマキの手作りカレーに舌鼓を打っていると、
「気を抜くのはまだ早いわよ。本番はこれからじゃない」
と気を引き締め直させ、部屋割りを忘れている事も指摘。

 

その一方、同室の茉莉香が疲れ果てて寝坊をしていても、
「よく寝ていたから」
と起こさないような優しさを見せます。

海賊営業を終えて船長服のままベッドに倒れ込んだ茉莉香に、
「ちゃんと寝間着に着替えて、歯を磨いて寝る!」
と注意するところは、茉莉香も言っているとおり、副官というよりお母さんみたいですけどね(笑)。

 

さて、最後に第16話の放送情報の確認です。
tvk:1月16日(木)22:30~
キッズステーション:1月23日(木)24:00~(リピート放送あり)

 

劇場版でも大活躍という噂があるグリュンヒルデの観察眼も光る第16話。
お楽しみに!

2014年1月13日

映画館に最新ポスターの掲示がスタート!

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!

 

2月22日(土)、新宿バルト9ほか全国の映画館でのロードショーが決定している、
『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』。

映画館では1/11(土)より、新しいキービジュアルを使用したポスターの掲示が始まっています。

 

ということで、早速、新宿バルト9さんへ行ってみたところ、フロアに行ってすぐに発見できました!

ブログ_バルト9

 

何かを決意したような表情で凛々しく前を見つめる茉莉香と、
劇場版のキーマン彼方少年を描いたポスターが飾られていましたよ!
劇場版仕様の弁天丸もカッコ良いですよね!

 

ぜひお近くの上映予定館へ行って、大きなポスターでじっくりと見て下さい!

劇場情報:http://king-cr.jp/special/mo-retsu/gekijo/theater/

 

映画館では同じ絵柄を使ったチラシの配布も始まっているので、ぜひお手に取って下さいね。

 

お友達への宣伝活動も大歓迎です(笑)

 

ちなみに、本日入手した極秘情報によると、公開初日&翌日には、佐藤竜雄監督とキャストによる舞台挨拶も決定している模様。
詳細は近日発表予定なので、お楽しみに!

 

2014年1月9日

今夜放送の第15話で、ヨット部が弁天丸クルーに!?

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!

 

本日、1月9日(木)は『モーレツ宇宙海賊』、再放送の日。

tvkで、 「SAILING 15  密航出航大跳躍」

が放送されます。

(キッズステーションでは、先週の更新で紹介した「SAILING 14  茉莉香、募集する」が放送されます)

14話再放送ブログ:http://king-cr.jp/special/mo-retsu/gekijo/blog/?p=482

 

 

未知の感染症により、隔離病棟へ収容されたミーサら弁天丸クルーの代わりに、
茉莉香&弁天丸の海賊稼業を手伝う事になった白凰女学院ヨット部の面々。
茉莉香船長の指揮の下、操作方法も分からないまま、弁天丸を動かそうとします。
ミーサたちは、監視カメラを通して、その事態を察知。
大事な弁天丸が壊されては大変と、ある行動に出るのですが……。

 

15_1  15_215_3  15-0

 

「コスプレ見習い海賊篇」の第2エピソード。
いよいよ、弁天丸の臨時クルーとなった白凰女学院ヨット部の活躍(?)が始まります。

 

ジェニー、タルヴィッキ、フローラ、ミレーネの4人が卒業し、
3人の新1年生、アイ・ホシミヤ、ナタリア・グレンノース、ヤヨイ・ヨシトミが加わった新生ヨット部。

15_4

 

この第15話では新1年生トリオの1人、ヤヨイが早速、存在感を発揮します。

15_5

 

自家用クルーザーの操縦経験を持ち、エンジンに関する知識も豊富なヤヨイは、
三代目の代役として機関コントロール担当の席に座るチアキをサポート。
わずかな時間、マニュアルを読んだだけで、弁天丸のエンジンの特徴を理解し、茉莉香に的確な提言もします。

 

ヨット部に新たな頭脳派誕生という感じですね!
アイとナタリアも、今後のエピソードで大活躍しますよ!

 

最後に、第15話の放送情報の確認です。
tvk:1月9日(木)22:30~
キッズステーション:1月16日(木)24:00~(リピート放送あり)

 

弁天丸クルーの多方面での優秀さも発揮される第15話。
お楽しみに!

 

2014年1月2日

竜雄監督が「コスプレ見習い海賊篇」の見どころを解説!

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!

 

毎週木曜日の『モーレツ宇宙海賊』再放送。

今週はキッズステーションが年始の特別編成のため、

tvkで、 

「SAILING 14  茉莉香、募集する」

が放送されます。

 

14blog

 

この第14話からは再び新展開ということで、

今回も佐藤竜雄監督による見どころ解説が届きました!

こちらです!

 

******************

 

第14話から第18話はコスプレ見習い海賊篇。ヨット部の中核として、弁天丸の船長としての茉莉香の日々はいきなりのアクシデントに見舞われます。感染症によってクルーが全員隔離入院、しかし海賊業務を継続して行わないと免状が失効してしまう。色々スカウトしてはみたものの、頼るべきは白凰ヨット部。かくして茉莉香以下総勢16名の女子高生は弁天丸に乗り込み、果たして首尾良く海賊できるのか──?

 

今までは船長としての決断を任されていましたが、それは周囲のお膳立てによるもの。弁天丸のクルーは一流揃いで、自分が何をやるべきかを即座に理解し行動に移します。茉莉香が命令するのはそれから。黄金の幽霊船篇でもグリューエルが感嘆するほどに茉莉香の決断は思いきりのいいものでしたが、それを実行に移せるだけの実力をクルー達が持っていたからこそのものです。今回は全てヨット部員でまかなわなければいけません。オデット二世での練習航海を経験しているとはいえ、太陽帆船と海賊船とでは勝手が違います。それにも増して海賊営業があります。大人だらけの環境から一転、自分同様の素人を導き、各ミッションを成功させなければならないのです。決断だけをしていればよかった弁天丸はそこにはありません。部屋割りから炊事当番、エンジン起動に超光速跳躍、そしてその果ての海賊営業……。茉莉香は常に「成功」を意識していくことになります。

 

大人達を見上げていた茉莉香は、図らずも船長というもの、海賊稼業というものを真っ直ぐに見つめることになりました。動いてくれるのを期待するのではなく、いかに部員達に動いてもらうか。誰と誰が相性がいいのか、誰がどのセクションに適しているか。日頃のヨット部での付き合いがあるとはいえ、海賊船に乗り込んだからにはあらためてちゃんと考えなければいけない。動いてもらうからには船長としての自分を信じてもらわなければならない。そのために茉莉香はいかに行動すべきなのか? 全編ユーモラスに描いていますが、ベッドに倒れ込んでそのまま眠ってしまうほどに茉莉香にとってはハードな日々。あたふたしながらも明るさを忘れない茉莉香と仲間達、頼れるチアキの意外な一面、海明星にいながらも謎の影響力を持つマミ、今回から登場する保険会社のエージェント・ショウさんのファンキーさなど見所もいっぱいです。

 

一方、茉莉香達を今回は隔離病棟で眺めているしかない弁天丸クルー達。しかしそこは優秀な彼ら。影ながら茉莉香達をサポートすべく狭い病室の中でアタフタする様はユーモラスであると同時に、船長・茉莉香への信頼が見てとれます。第6話~第7話の頃の茉莉香への対応と見比べてみるのもいいかもしれません。

 

さて、海賊船の船長としての自覚にめざめていく過程で、茉莉香はおのずと「外」と対峙することになります。自分の存在というものを確かめるために海賊になった茉莉香でしたが、宇宙の民として日々を送るということと、あやふやな存在である海賊というものへのギャップに対して茉莉香はどう思い、考えていくのか。第18話にもチラッとその兆しがあるかもしれません。

 

それでは、海賊の時間、よろしくお楽しみ下さい!

 

******************

 

竜雄監督、ありがとうございました!

今週から始まる「コスプレ見習い海賊篇」、

新1年生も加わった新生ヨット部の活躍(?)が楽しみですね。

 

最後に放送情報の確認です。

tvk:1月2日(木)22:30~

キッズステーション:1月9日(木)24:00~(リピート放送あり)

 

では、茉莉香もコスプレしちゃう第14話、お楽しみ下さい!

 

 

2014年1月1日

佐藤竜雄監督から年賀状&メッセージが到着!

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!

弁天丸職員の皆さん、明けましておめでとうございます!

ついに、

『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』

の公開される年、2014年が始まりました!

 

『航海日誌』、今年最初の更新では、

佐藤竜雄監督から届いた

弁天丸職員の皆さんへのメッセージ&年賀状を紹介しましょう。

こちらです!

 

*******************

 

明けましておめでとうございます。

劇場版モーレツ宇宙海賊、絶賛制作中です!

まだまだ内容については内緒ですが、

皆さんが「見てよかった」と思える作品にすべく

スタッフ一同奮闘しています。

もうしばしお待ちを!

p140101_blog

 

*******************

 

竜雄監督、ありがとうございました!

 

やっぱり、内容はまだまだ内緒なんですね。

気になります……(笑)。

 

この『航海日誌』も公開日の2月22日(土)に向けて、

昨年以上の勢いでモーレツな情報をご紹介していきます!

 

今年もよろしくお願いします。

 

2013年12月30日

劇場版・茉莉香フィギュアの無彩色原型を公開!

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!

 

弁天丸職員の皆さん!

12月25日に発売された『月刊ホビージャパン2013年2月号』

ぜひチェックして下さい!

 

なぜならば!

メガハウスさんから発売予定のフィギュア

「ハイプリエステス 劇場版 モーレツ宇宙海賊 加藤茉莉香」

の無彩色原型が紹介されているからです!

 

E

 

11月末の「メガホビ EXPO2013 Autumn」でも展示され、

注目を集めていた、この劇場版・茉莉香。

 

まだ、色がつく前にもかかわらず、

むちむちとした太ももの肉感が伝わってきますよね!!

 

10月に受注を締め切ったTV版の茉莉香フィギュアもそうでしたが、

こちらも超絶クオリティですよ。

 

1月25日発売予定の月刊ホビージャパン2014年3月号では、

彩色原型を紹介予定という情報も入手しています。

 

この原型に色がつくと、どれだけ凛々しく可愛い茉莉香になるのか?

今から楽しみですね!

 

2013年12月29日

バンダイチャンネルに『モーパイ』の紹介動画がアップ!

 

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!

 

「月額1050円アニメ見放題サービス」でお馴染み、

バンダイチャンネルさんのオリジナルWEB特集

「<月刊>アニメのツボ」(毎月25日更新)。

 

アニメのツボ

 

先月、『航海日誌』でも紹介した佐藤竜雄監督のインタビューに続き、

12月25日に更新された最新号(Vol.5)では、

『モーレツ宇宙海賊』が取り上げられました!

 

動画コンテンツの「早わかりアニメ講座」で、

TVシリーズ『モーレツ宇宙海賊』が特集されています。

http://www.b-ch.com/contents/feat_anitsubo/p02.html

 

5分49秒の動画の中に『モーパイ』の魅力を凝縮!

劇場公開前の予習・復習におススメですよ。

 

2013年12月28日

『コミックアライブ2月号』でコミカライズ連載スタート!

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!

12月27日発売の『月刊コミックアライブ2月号』で、

待ちに待った劇場版モーパイのコミカライズ連載がスタートしました!!

表紙2月号

 

コミカライズを担当したのは、ちび丸先生。

 

以前、この航海日誌でもキャラクター設定などを紹介しましたが、

あの茉莉香やチアキたちの絵を見た時の期待通り……

いや、期待以上の「モーレツ!」に面白い作品になっています!

 

なんと、コミックアライブの公式ページでは、

冒頭のカラーページを立ち読みが可能!

ちび丸先生の描く茉莉香の魅力を、皆さんの目で直接確かめてください!

http://www.mediafactory.co.jp/comic-alive/index.php?MD=new

 

また、『コミックアライブ』には、漫画本編の他にも、

劇場版の新キャラクター無限彼方役の下田麻美さんのコメントや、

主要キャラクター相関図なども掲載されているんです。

思わず何度も読み込んじゃいました!

 

1月27日(月)に発売される『月刊コミックアライブ3月号』も待ち遠しいです!

 

 

●月刊コミックアライブHP:http://www.mediafactory.co.jp/comic-alive/

●アライ部ブログ:http://blog.mediafactory.co.jp/comicalive/?p=25453

2013年12月26日

今夜再放送。第13話の見どころを佐藤竜雄監督が解説!

さあ、『航海日誌』更新の時間だ!

 

今日は、木曜日ということで、週に一度のお楽しみ、

tvkとキッズステーションの『モーレツ宇宙海賊』、再放送の日です。

 

今夜は、

「SAILING 13 茉莉香、招待する」

が放送されますよ。

 

グリューエルたちと黄金の幽霊船が母星へ帰還するのを見届けて、

海明星へと進路を向けた弁天丸。

ところが緊急通信でグリューエルからのSOSが届き……。

茉莉香たちは進路を反転。セレニティ星系へと急ぎます!

13_1

 

 

前回で「黄金の幽霊船篇」が終了。

今後の展開も気になるところですよね?

ということで、佐藤竜雄監督からの見どころ解説が届きました!

******************************

第13話はインターミッション。第14話からのコスプレ見習い海賊篇への繋ぎとして、二年生になった茉莉香、引き続き中等部で学園生活を送るグリューエル、新たに妹のグリュンヒルデも加わって新入部員を獲得すべく苦闘するヨット部員達の姿を描いています。

 

黄金の幽霊船の一件を経て、茉莉香もグリューエルもどこか成長したような……。具体的な形での成果ではなく、日々の暮らしの中での「違い」がそこはかとなく感じられるように心がけて脚本を書いたのを覚えています。

 

以前は梨理香に「(グリューエルを)家に呼べば?」と言われて「ダメだよ! お姫様だよ?!」と尻込みしていた茉莉香でしたが、今回はあえて自分から、グリューエル(とグリュンヒルデ)を呼ぶことを宣言します。変わろうとしているセレニティ王国、変わろうとしているグリューエル。それを認めたからこそ、友人として自分の家に招き、手料理(実際にはかなり梨理香さんに手伝ってもらってますが)でもてなす茉莉香。そんな彼女を意識しまくる妹皇女・グリュンヒルデ。おそらく家(白凰女学院のゲストハウス)でさんざん茉莉香バナシをグリューエルから聞かされているであろう、グリュンヒルデの挑むような、試すような視線は絶えず茉莉香に突き刺さります。それすら茉莉香はしっかり受け止め、優しく接します。茉莉香の大らかさ、グリューエルのひたむきさ、人見知りで素直になれないグリュンヒルデ……。宇宙海賊の船長であっても、星王家の皇女であっても、そこは女の子です。彼女達の等身大さが表現出来ていたら、まぁ成功なのですが。

 

そうしたキャラクター描写に加え、黄金の幽霊船篇ではあえて触れなかったセレニティ連合王国の内部事情であったり、その後の民主化についてもさらっと説明しています。第8話から第12話に至る中でグリューエルが「話していない」以上は、茉莉香達弁天丸クルーにはどうにも内情はわからなかっただろうし、それよりも黄金の幽霊船を見つけなくちゃ! というわけで思い切って省略してしまいました。今回は最低限ではありますが、そのフォローの話数でもあります。

 

かくしてポトフ歓待作戦は成功するのか? ヨット部は新入部員をゲット出来るのか? 派手なことは起きませんが、その分、茉莉香の日常、学園生活が垣間見えるおはなしになっています。

 

それでは、海賊の時間、よろしくお楽しみ下さい!

******************************

 

竜雄監督、ありがとうございました!

 

では、最後に恒例の放送情報確認です。

 

tvk:12月26日(木)22:30~

キッズステーション:12月26日(木)24:00~(リピート放送あり)

 

こんな寒い日の夜に観ていると、

加藤家特製ポトフが食べたくなるのは間違いない第13話。

お楽しみ下さい!