KING AMUSEMENT CREATIVE

SPECIAL

スタッフ&キャストコメント(12/23更新!)

第四十四回:戸松遥(グリューエル・セレニティ役)
この作品に関われたことを嬉しく思います☆
たくさんの個性豊かなキャラクター達を楽しんでください!
PAGE TOP
第四十三回:金元寿子(グリュンヒルデ・セレニティ役)
SFや冒険の話が好きなので、今回参加させていただけて、とても嬉しかったです。
グリュンヒルデは、子供ながらに凛とした格好良さがあるなと思いました。
マリカたちとどう関わっていくのか、楽しみにしていて下さい。
PAGE TOP
第四十二回:伊瀬茉莉也(ナタリア役)
ヨット部の一員になれて光栄です! 可愛い女の子がたくさん出てきますが
私演じるナタリアはボーイッシュな女の子! 皆さん、注目して下さい!
PAGE TOP
第四十一回:南條愛乃(ヤヨイ・ヨシトミ役)
まさか自分が海賊できちゃうとは思っていなかったので張り切って参加させていただきました!
個性豊かなキャラクターが沢山登場しますのでぜひ放送を楽しみにしていて下さい!
PAGE TOP
第四十回:茅野愛衣(アイ・ホシミヤ役)
「アイ・ホシミヤ」こと「アイ・カヤノ」でございます! アイとアイで同じ名前の役なんです!うれしい!
キャプテンタツオ率いるクルーの皆様と共に、良い船出となる事を祈っております♪
PAGE TOP
第三十九回:高森奈津美(サーシャ・ステイプル役)
放送が近づいて参りましたね!
SFバトルあり、友情あり、女子高生海賊ありの非常にアツイ作品になっておりますので、
どうぞ、よろしくお願い致します!
PAGE TOP
第三十八回:西明日香(ウルスラ・アブラモフ役)
ウルスラ役の西明日香です!
白鳳女学院のヨット部員で、茉莉香ちゃんの同級生です♪
ヨット部員は大勢いるのですが、一人一人のプロフィールが細かく設定されてるコトに感動しました!
ウルスラちゃんはかなりドジな子なのですが、それも素敵な個性!
放送がとっても楽しみです♪♪
PAGE TOP
第三十七回:赤千夏(原田真希役) 
原田真希(ハラマキ)役の赤千夏です!
女子高生と宇宙海賊という斬新な組合せがもたらす、フレッシュで痛快な物語にご期待下さい。
茉莉香やチアキ、そしてハラマキ含め賑やかな女子高生たちの成長にもご注目です! 部活っていいなぁ〜!
PAGE TOP
第三十六回:佐藤聡美(リリィ・ベル役)
夢とロマン溢れる宇宙へ飛び出してゆく海賊達、
キャッキャうふふしてるヨット部達から目が離せなくなること間違いなしですよ!!
『モーレツ宇宙海賊』よろしくお願いしますっ!!
PAGE TOP
第三十五回:巽悠衣子(エイプリル・ランバート役)
とにかくキャストがとても多く賑やかな現場で、アフレコはいつも学校のように楽しいです! 
エイプリルはヨット部の一員で、おでこが出ている女の子なので探してみてください♪
まりかの冒険を、私も放送を見ながら皆さんと一緒に楽しみたいと思います!
PAGE TOP
第三十四回:野村香菜子(小林丸翔子役)
小林丸翔子役をやらせていただいてます、野村香菜子と申します。
マリカや翔子ちゃん、みんなが所属しているヨット部の『部歌』がすごく和むメロディなので、
ぜひぜひチェックしていただけたら嬉しいです。応援よろしくお願いします。
PAGE TOP
第三十三回:内田真礼(イズミ・ユノモト役)
私的見所は、マリカのカッコイイ船長姿! あとゆるぅ〜い部員達(笑)。
1月の放送が待ち遠しいですねっ♪
PAGE TOP
第三十二回:安野希世乃 (アスタ・アルハンコ役)
こんにちは! 茉莉香の先輩ヨット部員アスタ・アルハンコを演じさせていただいた、安野希世乃です。
キャプテンによると、ヨット部員のオリジナルの女の子たちには、色んな国の名前を使っているそう。
ハチャメチャで賑やかなヨット部員パートも、ぜひお楽しみに☆(*`・ω・´)ゞ
PAGE TOP
第三十一回:三森すずこ(ベリンダ・パーシー役)
ベリンダです! ヨット部員でーす! ツインテールのハツラツガールだよ☆ 
ヨット部員含め、モーレツパイレーツは個性的な登場人物がたくさん! 
毎回とっても賑やかですよ♪ オンエアが待ち遠しいっ(o>ω<o)
PAGE TOP
第三十回:日笠陽子(リン・ランブレッタ役)
リン役の日笠陽子と申します。冷やかし担当です(・ω<) 
とても面白い作品で、私も一視聴者として見れるのを楽しみにしています。
リンの動向にも注目して頂ければ幸いです!
PAGE TOP
第二十九回:佐藤利奈(ジェニー・ドリトル役)
キャプテンタツオとクルーたちがかなり前から航海地図を描いてきたモーレツ宇宙海賊が、いよいよ航海(放送)間近!
私演じるジェニーはツンとしたお嬢様かと思いきや実はね、かなりね…。
あ〜これ以上は言えない!(笑) とにかく! みんな、出航をお楽しみに♪
PAGE TOP
第二十八回:安元洋貴(ショウ役)
ッアーイ! ハ〜ロルドロイド保険組合のショ〜で〜ぇす。
この作品、ただのギャルギャルムンムン大会じゃないですぜ!
ロマンが…色々なロマンがつまってる!そう、オペラだ。スペースオペラだ! ロックオペラだ!
モーレツに楽しんでくださいな!
PAGE TOP
第二十七回:小山力也(ナレーション)
スタジオから溢れる程いっぱい、女性声優の皆さんが大集合する『モーレツ宇宙海賊』。
物語は、毎回、僕のナレーションで始まるんですよ!!
たくさんの方々に見守られての第一声の収録、もうもう大緊張でした。(なんでこんなに小心者やねん!?)
PAGE TOP
第二十六回:甲斐田裕子(加藤梨理香役)
宇宙海賊!!あこがれてました!! しかも可愛い娘までできました!
かっこ良く、優しい母親になれるか…? 今から楽しみです!
どんな冒険がくりひろげられるか、ご期待下さい!
PAGE TOP
第二十五回:小見川千明(遠藤マミ役)
衣装&癒し担当の遠藤マミ役を務めさせていただいてます小見川チアキです!!
マミは茉莉香に浮気されても、地上で帰りを待つ よき妻です!
キャプテンタツオには全幅の信頼をおいてますので、 最後までついていきます((はぁと
PAGE TOP
第二十四回:松岡禎丞(三代目役)
三代目は、個人的にあまりやった事がない役柄、人柄であったので、様々な先輩方にアドバイスをいただきました。
それを作中でも、感じていただければと思います。
シリアスあり、笑いありの、とても楽しい作品になっていると思いますので、是非とも宜しくお願いします!
PAGE TOP
第二十三回:水原薫(ルカ役)
昔、「船酔いする人(水原)は海賊になれない」と先生に言われたことがあるので諦めかけていましたが
こういった形で海賊の一員になれて、夢が一つ叶いました。
さあ! 海賊の時間ですよ!
PAGE TOP
第二十二回:三宅健太(シュニッツァー役)
今回は全身サイボーグ化して登場!! ……ま、中身は相変わらずのオレなんですが……!!
とにかくモーレツに頑張ります。
PAGE TOP
第二十一回:堀江由衣(クーリエ役)
みなさんこんにちは♪ クーリエ役の堀江由衣です♪ 
クーリエの出番は少し先になりますが、何と言うか得体の知れない(笑)キャラクターでした。
アフレコはもう終わってしまっているので、みなさんと一緒にのんびりオンエアを楽しみたいと思います♪
PAGE TOP
第二十回:藤原啓治(百眼役)
百眼役でブレイクしたい藤原です。やる気あんのか無いのか常に飄々としているキャラが気に入ってます。
賑やかで楽しい「モーレツ宇宙海賊」をお楽しみに!
PAGE TOP
第十九回:松風雅也(ケイン・マクドゥガル役)
最高の操舵士ケイン・マクドゥガルを演じさせていただきました、松風雅也です。

1月よりオンエアー、期待の高まる「モーレツ宇宙海賊」ですが、
この作品、スケールの大きい宇宙という舞台で、CGが多数。。
我々の作業場アフレコスタジオでは、これらは一番反映されない(アフレコ時に出来上がっていない)ことが多いのです。
ですが我々、有能な弁天丸クルーは一丸となり、脳内に広大な宇宙を再生しながら、キャプテンマリカと航海しました。

私も早く! ケインの見た広大な宇宙を見てみたい!!
PAGE TOP
第十八回:伊藤静(ミーサ・グランドウッド役)
急募☆若き宇宙海賊候補の成長を見守る為、テレビをつけてオンエアを見るだけの簡単なお仕事です。
募集期間は2012年1月より6ヶ月間、年齢、経験は問いません。
みんなで楽しく宇宙海賊しましょう♪
PAGE TOP
第十七回:花澤香菜(チアキ・クリハラ役)
チアキは、キリッとしているように見せかけて可愛いところ満載な女の子なので、
そのギャップを見ていただきたいです☆
そして、アニメの中にはカッコいい専門用語がたくさん出てきますので、
隅々までお聞き逃しのないように!!!!
花澤香菜でした。
PAGE TOP
第十六回:竹本未希(原画)
差し入れのドーナツと生チョコ、うまかったですー(〃v〃) ごちそう様でした!

モーレツのパフェおいしそうです……。

お腹すいてる時に食べ物描くと、幸せと辛さがいっぺんに来ます( ;∀;)

お菓子食べながら観ると良いのかも。
PAGE TOP
第十五回:山本真理子(原画)
高校の時、歴史研究部で海賊について調べてたし!

海賊モノならまかせろ(・∀・)!!と思ったけど、
私が調べていたのは日本の海賊だったので、あまり役に立たなかったでござる(・ω・`*)

でも、女子高に通っていたことと、映画「Boys Don't Cry」を見たことがあったのは少し役に立ったかも?
何話のどのシーンかはナイショ……(´Д`;)
PAGE TOP
第十四回:大野和寿(演出)
佐藤監督の旗の下に、海図なき「モーレツ☆宇宙海賊」という名の、
旅に出て行くアニメーションスタッフと、それを見守る視聴者の皆様に、幸多からんことを!

行き着く先にあるは、夢か悲しみか欲望か……。
PAGE TOP
第十三回:伊藤達文(コンテ・演出)
この作品に参加する事になってシナリオを読んだ時、これはすごい事になったと思いました。

SF概念の新しさ、メインテーマにリーダー論や、経営哲学を盛り込むなど、かつて「踊る大捜査線」がそれ以前の刑事物を一発で形骸化してしまったような、そんなエポックメイキングな作品になると直感しました。

こんな作品にほんのちょっとのお手伝いで参加させていただいて、申し訳ないような光栄なような……。

そんな感じです。
PAGE TOP
第十二回:あきまん(アニメーションキャラクター原案)
こんにちはあきまんです。

モーレツパイレーツは宇宙が舞台と云うことで参加しました。

僕の子供のころはアポロ宇宙船が月に行って帰ってきたこともあってか、
世間は宇宙ブーム、そしてSF作品に満ちていました。
僕はそれらが大好きでいまでも「宇宙」ときくだけで心がウキウキしてしまいます。
茉莉香はそういうウキウキを女の子の形にしようと考えました。

カッコ可愛い彼女の活躍にご期待下さい。
PAGE TOP
第十一回:竹内浩志 (キャラクターデザイン・総作画監督)
モーレツ宇宙海賊がんばってます!
キャラクターが大勢出て来てやりとりなど楽しいです。

ぜひ続けて見て下さい。キャラがよりよくわかってくると思います。
PAGE TOP
第十回:鈴木雅久 (メカニックデザイン)

原作の笹本君から声をかけられて参加しました。
佐藤監督とは以前「ナデシコ劇場版」でご一緒させて戴きましたので、久々のお手伝いです。
PAGE TOP
第九回:寺岡賢司 (メカニックデザイン)

宇宙戦艦が描けるということで参加しました。
思った以上に自由な作風なので楽しいです。
PAGE TOP
第八回:鷲尾直広 (メカニックデザイン)

若輩ですが、弁天丸のデザインを担当させて頂きました鷲尾です。
タイミングよくブーム?の宇宙と海賊が盛り込まれた、この作品でSF好きが増えたら嬉しいです。
PAGE TOP
第七回:宮崎真一 (脚本・メカニックデザイン)

伝説の海賊、キャプテン・タツオの招集に馳せ参じましたミヤザキです!
一部脚本とメカデザインのお手伝いをさせて頂きました。
一作品で脚本とデザインの両方での参加は珍しく、とても楽しかったです。

茉莉香達の活躍を楽しみにしています!
PAGE TOP
第六回:水野健太郎(脚本)

金子Pからの召集を受けて、脚本でスポット参戦させていただきました。
女子高生宇宙海賊たちの活躍にモーレツに御期待下さい!
PAGE TOP
第五回:伊藤美智子(脚本)

#14〜#18の脚本を担当させていただきました伊藤です。

かわいいけれどカッコイイ。

女の子同士のキャピキャピな感じがありながらも、硬派というか体育会系というか、そんな作品全体に漂うモーレツの世界を楽しんでいただければと思います。

担当した話数では、ヨット部の女子生徒達が大暴れしますが、かわいく楽しく、そして、学校生活にしか味わえない「部活感」を意識して書きました。

エピソードを経て、彼女たちが成長していく姿もご覧いただければと思います。

監督の手により、とても素敵な作品になっております。

どうぞよろしくお願いいたします。
PAGE TOP
第四回:河森正治(メカニックデザイン)

茉莉香たちの通う白凰女学院の練習用帆船・オデットII世のデザインを担当しました。
デザインの過程で、もともとは帆を3本にしていたのが、
6本に増え、最終的には9本になったりと、いろいろと楽しんでやらせてもらいました。

さて、そんなモーレツ宇宙海賊。1月放送ですが、乞うご期待です。
PAGE TOP
第三回:小松未可子(加藤茉莉香役)

キャプテンマリカこと加藤茉莉香を演じさせて頂きました、キャプテンミカコです! すみません小松未可子です(笑)。
スペオペ、学園生活、海賊、個性豊かなキャラクター達…もう見所たくさんです。ぜひ皆さん期待してください。
さあ、海賊の時間だ!!
PAGE TOP
第二回:佐藤竜雄(監督・シリーズ構成)

スペオペで宇宙で海賊。これって古いキーワードばかりなんですけど、今だから逆に新しく見せられると思っています。
そこは今回の挑戦でもあるので、その辺をご覧になってもらえると嬉しいです。期待して待っていてください。
PAGE TOP
第一回:笹本祐一(原作「ミニスカ宇宙海賊」著者)

来年1月より放送が予定されている期待の新作TVアニメ『モーレツ宇宙海賊』。
その原作である『ミニスカ宇宙海賊』は、朝日ノベルズから現在までに6冊が刊行されている人気の痛快スペースオペラだ。
今回はこの作品の生みの親である小説家・笹本祐一先生に、待望のアニメ化についての喜びの言葉や実際に映像をご覧になっての感想、さらにはアニメの放送を楽しみにしているファンへのメッセージなどを語ってもらった。

■初めてTVアニメ化されると聞いたときの感想をお聞かせ下さい。
 実は『ミニスカ宇宙海賊』が発売されたのは2008年の10月なんですが、発売されてから一週間もたたないうちにアニメ化の話が来たんです。その話を持ってこられたのが大月(俊倫)さんだと聞いて、「見る目あるじゃん!」と思ったのは憶えています(笑)。ただ、アニメ化のオファーが来たといっても、そのうち立ち消えになってしまうこともザラなので、本当に実現してくれたらいいなと期待半分な感じではありました。
 ところがそのうちに佐藤竜雄さんが監督に決まったという話が舞い込んできたんです。個人的に昔から佐藤監督のファンでしたので、ぜひこのまま話が進んでくれたらと願っていましたが、正式にアニメ化が決まった時はすごく嬉しかったです。

■今回のアニメ化について、期待と不安のどちらか大きかったのでしょうか?
 正直な話、期待や不安よりもこのアニメがキッカケになって僕の本が売れてくれればいいなというのはありました(笑)。実際のところ、不安がないといえばウソになりますが、それ以上に期待感の方が大きいです。

■佐藤監督に対して、原作者としてなにかリクエストを出されましたか?
 一切出していません。「好き勝手やってください。その代わり面白い作品に仕上げてね」というのが自分のスタンスですので、佐藤監督には好き勝手やってもらおうと思っています。

■キャスティングについてご要望は出されましたか?
 これもノータッチです。自分としては声のイメージを決めて書く方ではないので、第1話のダビングを聞いて初めて「なるほど、こうなっとるのか」と思いましたし、その後、アフレコを見学させてもらって、「あのキャラはこんな風にしゃべるのか!」と新鮮な驚きを味わったりしました。さすがに今までシリーズで6冊も書いていることもあって、アニメに影響されちゃ不味いのかもとは思ったりしますが、今後は脳内で茉莉香の声はやっぱり小松さんになったりするんだろうなとは思います(笑)。

●『ミニスカ宇宙海賊』のテーマやコンセプトは何でしょうか?
 ミニスカートの女子高生が宇宙海賊をやったら楽しかろうというコンセプトを元に売れ線を狙った作品です(笑)。そもそもとしては、キッチリと宇宙空間を描いた「まともな宇宙モノ」をやりたかったんです。でも「まともな宇宙モノ」だけでは、ハードすぎて誰も付いてこれないだろうなと思いまして、これに女子高生&宇宙海賊という衣を着せれば、かなりソフトになって読者も付いてきてくれるんじゃないかと(笑)。今回のアニメでもその当たりをしっかりと汲み取って、「まともな宇宙モノ」として描いてくださっているので、そのあたりはぜひ楽しみにしていてもらいたいと思います。

●実際に出来上がった映像をご覧になっての感想をお聞かせください。
 原作の意図をしっかりと汲んだ上でストーリー構成がされており、さらに映像的な見せ方も素晴らしく、ここまで自分が思い描いていたのと同じ世界をアニメとして見せてもらえるなんて想像していませんでした。完成している映像を数話分見せてもらったんですが、原作者である私から見ても『原作通り』だなと驚いています。さすが佐藤監督といったところでしょうか(笑)。これからさらにどれだけ面白くなるのか期待しています。

■それでは最後に、アニメの放送開始を楽しみに待っているファンのみなさんに向けて、メッセージをお願いします。
 原作を読まれた人にも、まだ未読の人にも自信をもって進められるものになっています。勝てる作品だと思っていますので、ぜひ多くの人に見ていただけたら嬉しいですね。
PAGE TOP

【SPECIAL一覧に戻る】