KING AMUSEMENT CREATIVE


「七人のナナ」レコーディング取材

キャスト

鈴木ナナ:水樹奈々
ナナっぺ:桃森すもも
ナナっち:浅木舞
ナナりん:福井裕佳梨
ナナっこ:秋田まどか
ナナさま:中原麻衣
ナナぽん:名塚佳織


○今回『七人のナナ』のキャスティングが決まった時の感想を頂けますか?
中原(ナナさま):キャスティングが決まった時、私が『頭ナナさま』と聞いて、すごい意外でした。けど、『頭ナナさま』をやらせて頂いてビックリしたと同時にすごい嬉しかったです!
秋田(ナナっこ):私は、のんびりしていると言うよりは、テキパキ活発な方なので自分が『幸ナナっこ』は、なんか「とっても意外だな」と思ったのが正直な所です。
桃森(ナナっぺ):私も結構のんびりしいて、どちらかと言うと優柔不断だし甘えん坊な方なんですが、きっと自分の本性は『怒りナナっぺ』に近いのかもしれないので、頑張りたいと思います。
水樹(鈴木ナナ):私は、オリジナルのすごく平凡な女の子『鈴木ナナ』役です。他の個性的なキャラに比べてとても控えめなので、うまく皆とのバランスを取れればいいなと思っています。この役に決まった時は本当に「すっごい嬉しい!!」の一言に込めきれないぐらい嬉しくて、「頑張るぞ!」っていう気持ちでいっぱいです!
福井(ナナりん):私は声優さん業ではなくタレント業が本業だったので、はじめてこの役が決まったと聞いたときは「私なんかがレギュラーで入っても良いのかな?」って思いました。ちょっとビックリしましたが精一杯頑張らせて頂きます!
名塚(ナナぽん):オーディションで受かった『ナナぽん』は私とは違う、すごく色っぽい感じの役だったので、ビックリしました。今まで演じてきた役とも、また違うので楽しみながら、しっかりと演じていきたいと思います。

○オープニング曲の『Success,success』を聴いてみて感じられた事は?
中原:デモテープ聞きながら一緒に歌ってみて、すごい前向きで元気になれる曲だなと思いました。頑張って歌いたいなと思います。
秋田:とっても可愛くて元気のいい曲だなと思ったのと、メロディーもテンポもすごく気持ちが良くって、「七人で歌ったらすごく楽しい歌になるだろうな」とも思いました。 桃森:最初、テンポが行進曲みたいなので、どちらかと言うと子供向けな感じなのかなって思いました。でも、デモテープを歌っている方がちょっと大人っぽい感じだったので、きっと皆で歌ったら全然違う感じになるんだろうと思っています。今日のレコーディング楽しみにしています。
水樹:最初この曲を聞いた時、七人で一つの夢に向かって歩んで行こう!という応援歌的な意味も込められているように感じました。落ち込んだり、受験とかで悩んでいたりする人が、元気になるように、七人で力を合わせてすごい良い曲になればいいなって思っています。
福井:私も初めてこの曲を聞いた時に、行進しているような感じがしてレコーディング時も行進して歌った方がいいのかなとか考えてたんです。前向きですごく元気が出る曲なので、私も落ち込んだりしたら自分で聞いて、元気が出せればいいなと思います。
名塚:この曲を聞いたとき、すごいかわいい曲だなって思いました。その反面で私も学生なので、歌詞を聞きながら「あ〜・・・私も勉強しなきゃな」って思いました。

○12月22日「七人のナナ 冬季講習会」のイベントに向けての意気込みを聞かせて下さい。
中原:このイベントで、ファンの方々が初めて「七人のナナ」を目にして下さると思うんですが、そういう方にもっと「ナナ」を知ってもらえるようなイベントにしたいと思います。
秋田:とにかく楽しく、ファンの方とも一体になって盛り上がれるようになるといいなと思います。やっぱり、女の子パワーってとっても強いと思うので、個々のキャラクターがそれぞれ爆発して、楽しく盛り上がれたらなと思います。
桃森:私、イベントを見に行ったことがなく、出演するのも初めてなので、「おー!どんな風になるんだろう?」ってドキドキ・ワクワクです。私も、イベントに来てくれた人達に楽しんでもらえるような舞台が作れたらいいなと思っています。
水樹:今回は、オンエア前のイベントなのでお客さんは、「どんな感じなんだろう」って、すごいドキドキ・ワクワクして来て下さると思っています。そんな皆さんに楽しんでもらえるようにしたいと思います。この曲は、すごい楽しい感じなので是非覚えてもらいたいです。オンエアスタート後もイベントとかいっぱい出来たらいいなと思います。
福井:このイベントは、「七人のナナ」オンエア前なので、私達が舞台に立った所をみて、なにかを感じてくれるといいなと思います。今後、他の出演者の方達と、もっと仲良くなって、楽しいイベントになるように頑張ります。
名塚:皆さんの前で主題歌を歌うようなアニメのイベントは今回が初めてなので、すごく緊張しています。
来てくれた人達に楽しんでもらえるように、そして自分も楽しく出来るように頑張ります。

○ 最後にファンの人達に一言
中原:これからどういう風になっていくのか想像がつかないですけど、「七人のナナ」を全部取り終わった時に、自分がこの『ナナさま』をやってきて良かったなって、思えるように、これから『ナナさま』と中原との距離を縮めつつ頑張りたいと思います。
秋田:自分の中でもまだ、はっきりしない部分はたくさんありますが、「幸ナナっこ」のとにかく幸せでのんびりした空気や、幸せなパワーを皆に伝えられたらいいなと思います。
皆で幸せになりましょう!
桃森:私がちょっと期待しているのは、ナナレンジャーの時にはきっと『ナナっぺ』が活躍出来るんだろうなって!!私自身、楽しみにしているんで見ている皆さんも一緒に熱くなれるように、頑張りたいと思います。宜しくお願いします。
水樹:七人の個性を合わせて一人の『ナナ』になっているので、私は平凡であるけれでも「さぁ、皆!付いておいで!」とまとめていければいいなと思います。すごい個性豊かな七人のキャラクターなので、『鈴木ナナ』として、普段は頼りないけど「こらー!」ってバシバシ突っ込み入れるとこは突っ込んで、いけるように頑張っていけたらいいなと思います。
それと、アニメの中の中学生ってどちらかと言うと幼いイメージがあるんですが、そうではなく現実の生活の中で同じように悩んだり、こういうことが嬉しかったり、「そうそう!分かるわ!」とか「色々あるよね!」って、共感してもらえるような作品していけたらと思っています。
福井:初めからレギュラーで出させて頂ける、声優のお仕事は初めてなので終わった時に私は『泣きナナ』だ!って思えるように、水樹さんに突っ込まれながら頑張っていきたいと思います。まだ、いたらない点はいっぱいですが「なんだこいつ!?」と思わず、温かい目で見守って下さい。
名塚:『霊ナナ』は怪しげな感じがして、自分でもまだどんな役か良く分かってないんですけど、話しが進むにつれて見てくれている皆さんと一緒に『霊ナナ』を分かっていけたらいいなと思っています。




(C)Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.