KING AMUSEMENT CREATIVE




 
 
(写真後列壇上左より)
早乙女ハルナ(14):石毛佐和/超 鈴音(19):大沢千秋/葉加瀬聡美(24):門脇 舞
那波千鶴(21):小林美佐/桜咲刹那(15):小林ゆう/龍宮真名(18):佐久間未帆
(写真前列左より)
四葉五月(30):井ノ上ナオミ/長谷川千雨(25):志村由美/大河内アキラ(6):山本杏美
明石裕奈(2):木村まどか/佐々木まき絵(16):堀江由衣/和泉亜子(5):山川琴美/古 菲(12):田中葉月
朝倉和美(3):笹川亜矢奈 /ネギ・スプリングフィールド(教員):佐藤利奈
ほか…
学長代理:赤松 健先生、父兄来賓:『ネギま!』ファンの皆さま
夏休みもいよいよ終盤戦、学生諸君はやり残した宿題がプレッシャーとなって迫りつつある8月21日。
ココ中野ZEROでは、麻帆良学園が既に2学期の終業式を迎え、冬休みに突入しようとしていた!
まさに真夏の魔法とも呼ぶべき、昼夜2部に渡って繰り広げられたボイスアイドル大集合イベントの模様を、遅ればせながらレポートしよう。
「麻帆良学園2学期終業式!」オープニング映像に続いて生徒一同及び担任の佐藤利奈さんがステージ上に登場。会場を埋めた父兄の皆さまにもご起立頂いて、麻帆良学園校歌斉唱からスタート。続いては恒例となった学生時代の思い出をm交えての出演者自己紹介。今回の昼の部、お題は「冬休みの思い出」(ちなみに夜の部は「出身校自慢・行事編」)。
「高校2年の3日間だけ、巫女さんのバイトをしたことがあります(石毛)」
には、会場内から「(巫女姿が)見たい!」の声も。
「冬休みっていうとコタツでアイスかな……って思います(大沢)」
「クリスマス、小学校が終わるとサンタさんが来ない家だったのですけど、中一の時、初めて来なかった朝はチョッピリ泣きました(門脇)」
と、和み系冬休みのお2人。
「四季の中で冬が一番好きなんです。食べ物が美味しいじゃないですか?特に鍋が好きで、豚肉をいっぱい入れた鍋を何日食べ続けられるか挑戦したことがあります(小林美佐)」
「12月31日におソバとか色んなものを食べ過ぎて、具合が悪くなって、元旦早々病院に運ばれちゃいました(小林ゆう)」
「クリスマスとか、お正月とかイベントごとがいっぱいあるので美味しいものをいっぱい食べて、冬休み明けには必ず体重が2〜3kg増えてました(佐久間)」
冬の味覚を満喫してた3人。
「愛媛に住んでいたのでミカンをいっぱい食べまして、家族全員手足が黄色くなって見せ合いっこするのが楽しみでした(佐藤)」
と、ネギ先生も食欲派だったご様子。
「大体毎日バイトをしていたので思い出は特にないんですけど…クリスマスも大晦日も、ずっとコンビニで肉まんを売ってました(井ノ上)」
「冬休みはいつもゴロゴロしていて、猫とストーブの前の取り合いをして負けてました(志村)」
「毎年、親戚の家でおモチつきをやってたんですけど、ある時1人で杵を持ったらよろけてしまい、近くにいた犬にクリーンヒットしてしまって……それ以来、その犬に近づくとものスゴイ奇声を発して逃げていくので、今年こそは仲良くなろうと思います(山本)」
「おモチつきをして、その後イトコ15人くらい集まってトランプ三昧で一日過ごしました(木村)」
「毎年大晦日には一番豪華な物をと思って、カニを食べていたんですけど、いつも凍ってて。ある日、外のお店でカニを食べたら凍ってなくて、ちょっとショックでした(堀江)」
「ホントの出席番号5番・和泉亜子役の山川聡美です(笑)。小〜中学校と冬休みになると校庭に水をまいてスケートリンクを作る学校だったんですけど、そのリンクに積もった雪を掃く当番があって。朝早く起きて、2kmの道のりを歩いて、リンクを掃いて、2kmの道のりをまた歩いて家に帰って……ツラかったです(山川)」
誰ですか、自分の出席番号を間違えたのは?
「ミカンを焼いたらどんな味になるかと思って、ストーブの上に置いて焼いたら美味しくなかった(田中)」
「私は雪国出身なので、雪がものすごく積もるんですよ。それで、お庭にお皿を持っていって雪を盛って食べたりしてました。そしたらお腹がポヨポヨになって食中毒になったり…そんな冬休みでした(笹川)」
出身地にかかわらず、皆さん個性的な冬休みを過ごしていたようだ。
ココで学園長からのお言葉……のハズだったのだが、本日も学園長は海外へ出張のため、特別講師(担当教科・保健体育)の赤松健先生の登場。
いつになったら帰ってくるのか、学園長?そもそも実在するのか、学園長?
佐藤 赤松先生の体育祭の思い出は?」
赤松 「体育祭の思い出は……特に無いんですけど。(『ネギま!』本編で)出さなきゃいけないキャラがいるんですよねぇ。春日とかアキラとか。出し忘れているヤツらを処理しようかな、と思って」
佐藤 「それでは、冬休みはどうでしたか?」
赤松 「冬休みは……暗くてですねぇ。ずーっと引きこもってプログラムやったり、正月に18時間くらいポピュラス(←昔、大ヒットしたシミュレーションゲーム)やったり。暗い冬休みでした」
佐藤 「麻帆良学園の冬休みはどんな感じに描かれるんでしょう?」
赤松 「作中がまだ5月ですから、それまでに色々やらなきゃならないことがあるんで、そっちの方が忙しいです。夏休みとか」
佐藤 「やっぱり冬休みに寮生は帰省したりするんでしょうか?」
赤松 「帰っちゃうヤツもいるんじゃないですかね。まだ考えてないんですけど」
佐藤 「それでは、お待ちかねのパイロット版の上映ですが、先生はもうご覧になりましたか?」
赤松 「いえ、昨日できたばっかりなのでまだ観てないです」
……含蓄があるのかないのかわからないが、とにかく有り難いお話を頂戴した後は、アニメ版『ネギま!』新作パイロットフィルムの上映スタート。
「それでは皆さま、体育祭の始まりです!」
真夏の、しかも運動するのは生徒より主に父兄という世にも珍しい体育祭のスタート!でも、激しい運動の前には必ず準備体操。ということで、古菲役:田中さんと超鈴音役:大沢さんの指導の元、中国4千年秘伝の準備体操を、出演者・会場全員で音楽にあわせてしっかりと。
準備体操が済んだら、いよいよライブ……もとい体育祭の演目スタート!トップを飾って登場は、「科学と肉まん」チームで『恋の面積』。門脇さん・井ノ上さん・大沢さんの、文化クラブ系3人が、元気一杯に踊る!踊る!後に門脇さんが「葉加瀬役に決まった時は、まさかこんなに踊るとは思わなかった」と語ったほど。
続いて登場は、田中さん・佐久間さん・小林(ゆ)さんの武道四天王-1(長瀬楓役:白石涼子さんは欠席)で『KIZUNA』。それぞれ決めポーズもバッチリ、「チャイナ服で歌えて嬉しかった」とは田中さん。

「今日はちうのために集まってくれてありがとー!お礼にニューコスチューム披露するよ♪」ついに体育祭までも私物化した、無敵のネットアイドルちう役:志村さんは、客席から登場!夏のヒマワリを思わせる衣装に身を包み、『好きになってもeーよ』で会場を煽りまくったぞ。
山川さん・山本さん・木村さん・堀江さんの運動部仲良し四人組が歌うは、もちろん『GLOW WILD』。折しも今日は体育祭、しかも世間はオリンピックの話題一色。「今日の主役はスポーツgirlの私たち!」とばかりに歌って踊りまくった。
最後に登場するユニットは石毛さん・佐藤さん・笹川さん・小林(美)さんで、本日がライブ初披露となる『放課後ア☆ライブ』。今こそラストスパート!と、ステージの端から端までジャンプに手拍子と、会場と一体になって盛り上がった。
体育祭でひと汗かいた後は、一息入れてプレゼント抽選会。各回5名様のラッキーな父兄に、生徒の皆さんが着ている『ネギま!』スタッフTシャツが当選した。
「そろそろお別れの時間がやってきました。この曲でお別れです!2-Aの皆さんで『出席番号の歌』!(佐藤)」
今後も色々な展開が待っている『ネギま!』、告知が終わるといよいよ本日のラストナンバー。楽しい時間は早く過ぎてしまうもの、今日の日の感謝を込めて生徒一同、コーラス、そして各々のソロパートを歌いきったぞ。
「皆さんアンコールありがとうございます!(佐藤)」
鳴り止まない拍手と歓声の中、今回欠席した神田朱未さん・野中藍さん・白石涼子さんからのビデオメッセージに続いて、みんなが再びステージに。野中さん演じる近衛木乃香のキャラソン『にちようび』リミックスバージョンを今日の出演者全員でお贈りしたぞ。もちろん、このメンバーで歌うのは今回が最初で最後。ラストまで応援してくれた父兄の皆さんへ、ささやかなサマーギフトだ。
もう一度、出演者全員からお別れのメッセージの後「それでは、最後にこの曲で盛り上がってサヨナラです!(佐藤)」本日スペシャルメンバーでお贈りするラストナンバーは、神田さん演じる神楽坂明日菜のキャラソン『いつだってLove & Dream』。銀の紙吹雪が舞い上がり、ステージからサインボールが投げ込まれた会場は、この夏一番のお祭り騒ぎ!まだまだ遊び足りない父兄の皆さまとの再会を祈って、曲が終わり、緞帳が下りるまで力の限り手を振って、別れを惜しむ麻帆良学園2-Aの生徒&教員たちであった。

 

 
 

戻る


(C)赤松健・講談社・関東魔法協会
(C)Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.