KING AMUSEMENT CREATIVE




 
 
 
出席番号2番  明石裕奈役:木村まどか
出席番号3番  朝倉和美役:笹川亜矢奈
出席番号13番 近衛木乃香役:野中 藍
出席番号21番 那波千鶴役:小林美佐
出席番号24番 葉加瀬聡美役:門脇 舞  
来賓 保護者:ファンの皆さん
  2年A組が麻帆良学園を飛び出し、都の西北・早稲田大学で課外授業!中等部から高等部をすっ飛ばし、いきなり大学生になってしまった5人の生徒たち。憧れの?大教室での楽しい授業風景をご覧下さい!
 
 
「皆さん、こんにちはー!」5人が登場すると階段教室を埋めた生徒……じゃなくて保護者(ファン)の皆さんはから沸き上がる大歓声。「すごいねー。学級崩壊のように盛り上がっているねぇ」(門脇)「麻帆良学園、生徒こんなにいたっけ?」(小林)と、勉学の場とは思えぬ雰囲気に皆ビックリした様子。そこで、本日の日直(=司会)の小林美佐ちゃんから重大発表が。今日、ステージに登場した5人は、『ネギま!』役者さんたちに対して密かに行われていたテストで、赤点を取ってしまい、呼び出しを食ってしまったのだ。そのため、本日集まった保護者の皆さんと交流を深め、『ネギま!』の世界で楽しんで頂かなければならないのだ。補習と呼ぶには楽し過ぎる・罰と呼ぶには美味し過ぎる、麻帆良学園中等部2-A課外授業、始まり始まり!
     
最初のコーナーは、保護者の皆さんと5人の相性をチェックするコーナー。気になるお題は、『どんなシチュエーションでデートしたいか?』。入場時に配られた問題用紙に、5人それぞれにいくつか選択肢が書いてあり、解答が生徒と保護者で一致すれば相性ピッタリ。5人全員と相性が合えば、抽選でサイン入りポスターがプレゼントされるという、ダブルで嬉しいコーナーだ。
 さて、5人が選んだデートシチュエーションは……?
     
木村: 「私は、ユニバーサルスタジオ・ジャパンって書きました!まだ行ったことないのと、行った友だちがE.Tの顔型クッキーをお土産に買ってきてくれたら行きたくなっちゃって」
笹川: 「水族館とか、海とか色々書いたんですけど、今だったら、正解は『アレグリア2』!」
野中: 「私は、はとバスツアーとかも行ってみたいけど、デートならドライブがいいです!海に行ったりとか……高速道路に乗ってみたい。でも、私は無免許なので、車の免許を持ってる人希望でお願いします」
   
小林:
「私はプラネタリウム!……と言いたいところなんだけど、答えは……格闘技観戦でした!ミラノコレクションA.T.(DRAGON GATE所属のプロレスラー)が好きなので、観に行ってくれる人」
門脇:
「色々書いたんですよ、引き籠もりとか、パンダウォッチングとか。でも答えは、スキー場。もうすぐ季節でしょ、だからやりたいの。ショートスキー履いたりして」
HPを見ているファンの皆さんはどうだろう?誰かと共通の趣味は見つかった?次は、いよいよお待ちかね・歌のテスト!保護者の皆さん声援で、合否が決まるのだ。歌の前にはまず、発声練習ということで、日直、お願いします!
小林:「行くぞー!1・2・3!」
皆さん:「ネギまー!」
     
トップを切って歌うは野中藍ちゃん、みんなと早稲田祭で『にちようび(Remix.version)』!ステージと言うより教壇は、皆の机とベンチから手が届くほどの近さ。あまりにアットホームな雰囲気に、間奏では思わす客席に飛び込んでしまった藍ちゃん、「みんな、『ネギま』をよろしくお願いしま〜す!」と、PRも忘れなかったぞ。合格!
     
白衣を羽織って登場する事が多い葉加瀬聡美役・門脇舞ちゃんも、今日は4人と揃いのスタジャンで。いつもは「科学と肉まん」チームでお贈りする『恋の面積Remix.version)』をソロで歌ったぞ。食欲の秋で体重増が心配な保護者の皆さんに、踊って騒いでたっぷりカロリー消費して貰えた。合格!
     
続いて登場は明石裕奈役:木村まどかちゃん。やはりスポーツの秋こそ、「運動部仲良し4人組」の出番でしょう……と思ったら、今日は1人だけ!他のメンバーにも手伝って貰って、贈りするはお馴染み『GLOW WILD』。1人でも4人分のパワーで熱唱するまどかちゃんに、階段教室はスタジアムと化した。合格!
     
歌のテスト、最後の受験者は小林美佐ちゃん&笹川亜矢奈ちゃんで『放課後 ア☆ライブ』。3人をコーラス&ダンスに従えたコラボレーションは、もちろん今日しか見られないスペシャルユニットだ。「大丈夫かな?」と尋ねる美佐ちゃんに、大歓声&大拍手で応える保護者の皆さん。見事に合格!
     
アニメ化決定、秋から冬にかけてのリリース&イベントも絶好調の『ネギま!』。今後の活動予定を購買部よりお知らせした後は、『ネギま!』と言えばやはり忘れちゃいけない『出席番号の歌』。それにしても、5人のバージョンっていうのは史上最短ではないか?今日、見に来てくれた皆さんはある意味とてもラッキーだったかもしれないぞ。
     
「皆さん、今日は本当にありがとうございました〜!」楽しかった一時間もいよいよ終業の時が近づいてきた。最後を締めくくるのはやはりこの曲・『いつだってLove&Dream』!ひとときの大学生気分を味わった中等部2-Aの5人。今度は麻帆良学園に遊びに来てね、と皆さんに宿題を残し、早稲田のキャンパスに別れを告げたのだった。
     


 
 

戻る


(C)赤松健・講談社・関東魔法協会
(C)Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.