今回ゲストにお迎えした大河内望巳役の江里夏さんは、17才の現役高校生。ご存じの通り、主に高校を舞台にした「となグラ!」は、現役高校生の目にはどのように映るのでしょうか? そんな江里夏さんから、貴重な話が聞けると意気込んでいた神田さんでしたが、予想に反して大人な一面を見せる江里夏さんに次第にタジタジに……!?
 
――まず最初に「となグラ!」の印象を聞かせて下さい。
江里夏
「ちょっと……エッチだなという(笑)。漫画が原作sだと聞いていたんですが、実際に購入するまで迷ってしまいました」
神田
「やっぱり原作は、友達の前では読みづらい感じ?」
江里夏
「そこまでではないんですけど、何となくドキドキしながら、お家でこっそりと(笑)」
――やはりご自身が通っている学園生活とは違いますか?
江里夏
「全然違いますね。私が通っているのは芸能系の学園なので」
神田
「そうなんだ。いわゆる堀越みたいなところ?」
江里夏
「そんな感じですね。でも、この学校、何をやっても自由な学校なんです。フランクというか縛りがないというか」
神田
「ちゃんとお勉強はされてるんですか?(笑)」
江里夏
「いちおう、国語・数学・英語・理科・社会は……」
神田
「やってるのね、安心(笑)」
 
――大河内望巳はメディア部の部員という設定ですが、どのようなイメージでキャラクターを演じられましたか?
江里夏
「見た目の印象では『のんびりしてる感じなのかな』と思っていんです。でも、実際にはバァーって喋る元気のいい部分もあったんですよね。だから、難しく考えずにあえてキャラクターを作らないで、素で演じようと心がけました」
神田
「意外とそうなんだよね。ああいうキャラクターの役ってのんびりしてるときと、リポーターとしてガッと前に出るときとの切り替えが難しいんですよね」
――今回の収録でいちばん印象的なところを教えて下さい。
江里夏
「やっぱり勇治くんの過激な発言は、『これ聞いてていいのかな?』と思ったりします(笑)」
神田
「やっぱり過激な発言なんですか? 現役女子高生としては」
江里夏
「私が幼いのかもしれないんですけど。普通の女子高生ってもっと過激ですよね」
神田
「そうなのかなあ。もう遠い昔のことでさ、いまいち良く分かんないんだけど(笑)」
 
――では、実際に勇治みたいな男の子がいたらいかがですか?
江里夏
「さりげない優しさがあるのでいいと思います」
神田
「触られても?」
江里夏
「いや、それは……」
神田
「のぞかれても!?」
江里夏
「う〜ん……。何というか、さりげない一言だけにドキッとしたり」
神田
「『だけ』に(笑)」
 
――これはみなさんにお聞きしているのですが、タイトルの「となグラ!」はなんの略だと思いますか?
江里夏
「知ってますよー。『となり暮らし』ですよね……って、あれっ!? 違うんですか?」
神田
「違うんだよー。ビックリだよね」
江里夏
「雑誌か何かに載ってましたよね『となり暮らし』って。違うんですか!?」
神田
「大半の人はやっぱり『となり暮らし』だと思ってるんだよ。正解はなんだと思う?」
江里夏
「えーっ! ……『となりのグランパ』?」
神田
「『となりのおじいちゃん』だよ、それ(笑)」
江里夏
「ええと……『となり暮らし……グラグラ揺れる心』?」
神田
「長っ! 新しいパターン出たね(笑)」
江里夏
「サブタイトルみたいになっちゃった(笑)」
 
――これもみなさんにお聞きしている質問です。伝えたかったけど伝えられなかった思いなどはありますか?
江里夏
「中学3年生の時に好きだった人に、告白できないまま卒業しちゃって。でもやっぱり思いが残ってたので、高校1年の9月ぐらいに友達経路でメールアドレスをゲットして、告白しました」
神田
「おお〜!! すごい具体的な話を(笑)。でも、偉い偉い! がんばったねー。今までの対談でそういうことを答えられた人は全然いないのね」
江里夏
「アッ! 私言っちゃいけなかったですか!?」
神田
「違うの! みんな言いたいけどエピソードがないだけなの(笑)、残念ながら」
江里夏
「なんか、あの時はスッキリしなかったので」
神田
「自分はスッキリしちゃったわけ?」
江里夏
「はい、スッキリしました!」
神田
「こういうのってさ、告白された方が取り残されたパターンだよね(笑)。それあるよね! すごい好きでウワーッと行って、それでこっちはもう落ち着いちゃうんだよね」
江里夏
「相手に悪いなと思いながら、でもスッキリきれいに(笑)」
神田
「小悪魔になれる要素があるよ」
江里夏
「ハイ! がんばって目指します(笑)」
神田
「『ハイ!』って言ったよこの人(笑)。実際色っぽいんだよなー」
江里夏
「ありがとうございます。うれしいです!」
神田
「メイクとかちゃんとしてるもんねー」
江里夏
「はい、がんばりました」
神田
「やっぱり、メイクの勉強してるの?」
江里夏
「はい! 頑張ってます!」
神田
「頑張ってますよねー。……私も頑張ります(笑)!」
――ちなみに、どのくらいの間、想いを暖めていたんですか?
江里夏
「1年間ぐらい片思いしてました。中学2年の時に隣の席になって、3年になってクラスが離れちゃって……。そのまま卒業したんですけど、思いが募って爆発しました!」
神田
「キラキラしたいい話だねー。でも、今はお仕事が恋人だもんね(笑)」
江里夏
「お仕事始めてから出会いが全然なくって(笑)」
神田
「仕事はそういうモードじゃないってことかな。……仕事しかしてない私はどうしたらいいの!? ねーねー、どうしたらいいの16才っ!」
江里夏
「やっぱりどっちかですよね。仕事がうまくいくと恋がうまくいかないみたいな」
神田
「大人だぁー!! アドバイスされた〜!!」
江里夏
「これはもう、どっちかなのでしょうがないです(笑)」
神田
「分かりました! ありがとう、先輩〜!」
江里夏
「でも、できれば両方ゲットしたいですねぇ」
神田
「ベテランになったらできるのかしらね」
 
――おとなりさんにまつわる思い出はありますか?
江里夏
「3才ぐらい年上の女の子がいたんですけど、ずっとお下がりの服をもらってて。小さい時はそれしか着てなかった記憶がありますね」
神田
「お母さん同士が仲がいいとか?」
江里夏
「アパート自体みんな仲がよくて」
神田
「へぇー! 昔ながらの感じですね」
江里夏
「アットホームな感じでした」
神田
「なんか、そこで可愛がられてそう」
江里夏
「みんなで缶蹴りとかしてました」
神田
「ホントに16才?(笑) 缶蹴りは今でもするんだね」
江里夏
「「します。『ポコペン』とか言ってました(笑)」
神田
神田「あっ、やっぱり言うんだねー! 懐かしくてナミダが出てきた! ポコペン(笑)」
 
――その頃、仲が良かった子はいますか?
江里夏
「誰かと仲が良かったというよりも、その頃は、お兄ちゃんにベッタリくっついてた印象が強いですね」
神田
「ちなみに兄妹はお兄ちゃんだけ?」
江里夏
「はい」
神田
「ブラコンですか?」
江里夏
「あっ、そうですね。意外に『お兄ちゃんお兄ちゃん』って言ってるかもしれないです」
 
――では、まりえの気持ちを理解できるんじゃないですか?
江里夏
「『取られたくない』っていう気持ちは分かりますね」
神田
「お兄ちゃんに彼女ができたときはどんな気持ちだった?」
江里夏
「ちょっとヤキモチ妬きましたけど、『あっ、大人になったんだなー』って思いました」
 
――――今日の対談の感想をお願いします。
江里夏
「今日はもう、きれいなお姉さんとゆっくりお話しできて、満足でございます」
神田
「この人は16歳で処世術も身につけてるよー!」
江里夏
「それから、大河内望巳ちゃんともども、よろしくお願いしますです」
神田
「とても16歳とは思えない大人ぶりですよねー(笑)。しっかりしてるし、ホントすごいのひと言です(笑)。せっかくなので、今後どんなふうになりたいかだけ、聞かせて下さい」
江里夏
「神田さんのような、貫禄のあるきれいなお姉さんになりたいです」
神田
「あっ、ありがとうございます! 大人だー! すいません、もし良かったらまた恋愛相談に乗って下さい(笑)」
毎回ゲストの方に、自分が演じているキャラクターについてのクイズを答えてもらうこのコーナー。その大人っぷりで神田さんを圧倒した江里夏さんでしたが、はたして何問正解できるのか?
Q1・『となグラ!』の舞台になっている高校の名前は?
江里夏
「えーっ! 名前ですか!?」
神田
「パンダが好きなもの……」
江里夏
「笹? ええと、笹、笹……笹霞?」
正解:笹霞高校 おまけで1問目正解!
 
 
Q2・第8話からの出題です。劇中で登場した大河内望巳が所属する「メディア部」の表札には、なんと書かれていたでしょうか?
江里夏
「『探っちゃうぞ!』みたいな感じですか?(笑)」
神田
「『○○○○制作』って書いてあったような……」
江里夏
「新聞制作? 報道?」
正解:テレビ番組・HP・構内新聞制作 惜しいところまでいきましたが、時間切れで不正解
 
 
Q3・こちらも第8話からの出題です。メディア部で会議が行われているシーンで、部長にダメ出しされた企画書が3つありましたが、『夏服美人を探せ vol.138』、『教師A・バージンロードへの道』、さて残りのひとつは?
江里夏
「……降参です」
神田
「早っ!(笑)」
神田
「じゃあ、またヒントを出しましょう。『○○・○○編』っていうふうになるんだけど、これからの季節、すごい食べますね」
江里夏
「「スイカ? メロン? そば?」
神田
「おっ!」
江里夏
「うどん?」
神田
「もうちょっと細いかな」
江里夏
「そうめん!」
神田
「もっと太いかなー(笑)」
江里夏
「冷麦! 冷麦ですよね!? そういえば冷麦って言ってました。でも、企画書の名前は……分かりません(泣)」
正解:学食グルメ・冷麦編 ここはルールを厳密に適応して不正解!
 
いつになく難易度の高いクイズでしたが、残念ながら正解は3問中1問となりました。
キャストのみなさんに10の言葉を入れてもらい、ひとつの文章を作り上げるコーナーです。6回目のセンテンス「どんな様子で」に、江里夏さんが即答した答えとは?
誰が 香月が (回答:神田・吉野)
いつ お盆に (回答:神田・大原)
どこで 体育館裏で(回答:神田・葉月)
どんな服装で はだけエプロンを着て(回答:神田・関山)
なにを持って 写真集を持って(回答:神田・辻)
どんな様子で 阿波踊りを踊りながら(回答:神田・江里夏)
誰に   coming soon...
なんと言って   coming soon...
なにをしたら   coming soon...
どうなった   coming soon...