KING AMUSEMENT CREATIVE

 
 
--原作を読んだ感想は?
能登 オーディションに受かった段階で原作を読ませていただいたんですけれども、すごくテンポがよくてコミカルで。やっぱり天満ちゃんがなんと愛すべきキャラクターというところで大好きになりました。
--オーディションはもともと八雲の役で受けられたのですか?
能登 全員が天満の役を受ける形だったんです。一応私も天満を演じてみたのですが、音響監督のたなかかずやさんから「能登は天満違うよなー」といわれて(笑)。八雲と天満とあともう一役の3役を受けさせていただきました。
--八雲の性格についてはどう思われましたか?
能登 好意がある人の心が見えてしまうとか不思議なニオイのする子だけれども、だからといって特別な子というふうには思ってないですね。八雲自身、ワーッと自分を表に出すタイプではないので、周りを見守るとか、周りを調和するような役柄なのかなって思いました。
--どんな感じのアルバムになっていますか。
能登 アルバムには八雲のキャラクターソングも入っていて、八雲らしいちょっとしっとりとした歌です。日常の情景がそのままメロディーになった感じなんです。
私、パンチの効いた曲が苦手なので、今回の歌はうたいやすいんですけどちょっと息が続かなかったなっていう部分があったかもしれない。でも、歌詞はすごく八雲ちゃんにそってるから、そういう意味ではとても気持ちのわかる歌でした。

--印象に残ったフレーズはありますか?

能登 どこかって聞かれると全部好きなんですけれども、誰かのことを思って歌う2番が特に好きですね。
 
--2番の歌詞は天満を思う気持ちが表現されている印象がありますね。
能登 そうです。でも私、どっちかというと奥さんが旦那さんを待っているときの気持ちみたいに捉えちゃったんです。これ、ちょっと新妻ぽい歌詞だなって。一瞬考えて「違うだろ!これは天満を待ってるんだろ!」って後から気づきました(笑)
--ドラマ部分のアフレコはどうでしたか?
能登 前回ははじめてということもあって探りさぐり演じていたところもあったんです。ドラマCDは絵もないし、八雲自身スローテンポなしゃべりで、あまり声も出していないということがあってキャラクターが消えてしまいやすいんですね。そのため、ドラマCDなりの八雲を作らなくちゃいけない。
前回は天満とのやり取りも探っているところがあって、天満はキャラクターとしてパーッといくのでどう絡んでいったらいんだろうと。八雲というキャラクターのつかみ所がイマイチ実感として薄かったんです。でも、今回は「八雲って、こうだよね」って私なりの演じ方が見えてきて、なんとなく周りの人との間の取り方や八雲自身のことがつかめてきた感じです。
--いまおっしゃったようなことを演じる際には気をつけていんですか?
能登 逆にいまいったようなことに気を取られすぎないように気をつけてます。そこに気を取られすぎると、たぶんすごく振れ幅が小さくなって段取りくさい演技になってしまうので。最初は荒っぽいぐらいの方が、私はいいと思っています。
 
--アフレコ現場は楽しいですか?
能登 はい。あの空間にいると、たとえ気分が沈んでいても元気にならざるをえないみたいな雰囲気にしてくれるんです。とにかく男性陣が熱い!アフレコを重ねる毎にヒートアップしてるなって思って。
その男性陣のアフレコの姿を後ろから見てるのは、すごくおもしろいですね。なんかもう炎が見えるようで。みなさん本当にすごかった!
こうご期待な感じの内容です(笑)
--ジャケットの写真はキャラクターのイメージで撮影されたそうですね。
能登 カメラはあまり得意じゃなくて。このときはすごく緊張してました。
--小清水さんは「あまり着ない服での撮影でした」とおっしゃっていましたが、能登さんはどうでした
  か?
能登 私もそうですね。パンツっていう意味では普段から着ているんですけど、こういう色の洋服はあまり着ない方なので。これは貴重な写真かも!
--最後にファンの方へひと言お願いします。
能登 今回は、より八雲が多く登場しています。八雲好きな方、ぜひともよろしくお願い致します。でも、八雲好きとか関係なく、みなさん買ってくださいね!(笑)!
 
 

(C)Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.