KING AMUSEMENT CREATIVE

 
 
--美琴についてはどう思われましたか?
生天目 大好きなキャラクターですね。『スクールランブル』のキャラクターってみんなすごく個性が強いと思うんですけど、美琴に関していえば、いちばん普通の女の子に近いキャラクターだと思うんですよ。確かに力が強いとか、普通の人とはちょっとだけ違うところもあるんですけど、心情はすごく女の子らしいんですよね。例えば好きな人に告白できなかったりとか、友達を大事にするところとか。側にいたら絶対に友達になりたいタイプの子だなって思います。
--美琴のいいところは、いまおっしゃったようなところですか?
生天目 そうですね。情に熱くて、一見男勝りな感じはするんですけど女の子らしくて。また強がりなところもあって、人にはあまり自分の女の子らしいところを見せないんですよね。そういったところがちょっと天の邪鬼なところではあるんですけど。たまに見せる女らしい仕草が、すごくかわいいなって思いました。
--収録されてる歌が、見事に美琴らしさを表していますよね。
生天目 歌のタイトルが「The super girl has the super heart」といって、“強い女の子は強いハートを持ってる”って思いました。そのまんまストレートなタイトルなんですけど、聞いてて元気が出る歌だなって思いました。ホントに美琴らしい曲だし、美琴らしい詞だしって。辛いことがあっても前を向いていこうみたいな。そういうメッセージを含んだ歌詞なので、はじめて聞いたときからステキな曲だなって思いました。
 
--レコーディングはどうでしたか?
生天目 歌うことはもともと好きなんですけど、うまく歌おうっていうことよりも自分自身が楽しく歌うことにいつも重点を置いているんです。この曲は私のキィーにすごく合っていたし、心情もわかる歌だったので、歌いながら「あ、こういう子だよね。美琴は」って思うことが何度もありました。本当にとても楽しく収録することができました。ホントにこういう歌をうたえて幸せですって、レコーディングのときにはずっといってましたから。
--レコーディングのときスタッフからの指示はありましたか?
生天目 特には。自由に歌わせてもらいました。
--キャラクターに合わせた衣装だったとお聞きしていますが、生天目さん的にはどうですか?
生天目 私は普通の格好ですよね。ちょっとかわいい感じで。逆に一緒に撮影していたみんなの方がすごかったんですよ。小清水亜美ちゃんとか普段見ない服装でしたから(笑)。
--『スクールランブル』ってお話自体はどう思われましたか?
生天目 役が決まってから原作を読んだんですけど、単純におもしろかったです。テンポの良さとか、キャラクターがひとりひとり生きてるところとか。掲載されているのが少年誌なので、わりと男の子目線で女の子を見てるのかなって思ったんですけど、女の子が読んでもおもしろいなって思いました。
--『スクールランブル』ってお話自体はどう思われましたか?
生天目 役が決まってから原作を読んだんですけど、単純におもしろかったです。テンポの良さとか、キャラクターがひとりひとり生きてるところとか。掲載されているのが少年誌なので、わりと男の子目線で女の子を見てるのかなって思ったんですけど、女の子が読んでもおもしろいなって思いました。
 
--そのなかで気になるお話は?
生天目 美琴目線で物事を見てしまうので、4巻で愛理とケンカした話とか、そこに至るまでの美琴の恋愛話を読んでいると「うわ、切ない」って。美琴と自分の感情がシンクロしてました。その後、愛理と花火を見てるシーンがあるんですけど、「なんかいいな〜」って思ったり。アニメでもこのお話はあればいいなって思います。
--自分のキャラクター以外で気になるキャラクターは?
生天目 私は花井が好きなんですよ。ジャケット写真を撮影したときにもマガジン編集部の人から同じ質問をされて、「花井がいいです」っていったら「えー!」みたいなことをいわれてしまって。「そんな人、はじめてですよ」って(笑)。花井って自分のことしか考えてないというか、一直線な性格かと思いきや、意外と美琴のことを見ていたりするじゃないですか。そういうところがステキっていうか。また、あの暑苦しいまでの空回りっぷりが好きなんですよね。私自身、空回りしてる人がタイプなので。
--最後にファンの方へひと言お願いします。
生天目 ミニアルバムも第3弾ということで、勢いも増して全体的にヒートアップしてると思います。その辺を楽しんでもらえたらいいなって思うのと、あと歌もがんばったのでぜひぜひ楽しみに。何度も何度も聞いてくれるとありがたいなって思います。
 
 

(C)Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.