第一話 | 第二話 | 第三話 | 第四話 | 第五話 | 第六話 | 第七話 | 第八話 | 第九話 | 第十話
第十一話 | 第十二話 | 第十三話
「忍者たるもの、如月の望月の夜、主人に猪口(チョコ)を贈って食していただき、永遠の契りを誓うべし。世に芭錬汰院(バレンタイン)の儀式と、これを言うなり」。これはね、私が人生の指針にしてる巻物に書いてあるんだ。ってことはやっぱり、私はハヤト殿にチョコを贈るべきだよね! ご主人様と永遠の契りを誓う……くぅ〜っ、何がなんでも受け取ってもらわなきゃ! で、ハヤト殿はどこに行ったんだろう? え、転校生を迎えに行った?
そんなわけで、志能備学園に転校生の風間椿さんがやってきたの。私と同じように大凧に乗って飛んできたみたい。それでハヤト殿に会って、私と同じようにハヤト殿をご主人様と呼ぶように……ってちょっと待ったぁ! 椿さんはハヤト殿に助けられたわけじゃないのに、なんでハヤト殿が椿さんのご主人様になるの? 大凧に乗ってきたところは同じでも、着陸は私と違ってちゃんと成功したんでしょ?
……こ、この時点で私のほうが情けない気もするけど……とにかく! 主人と忍びは一対一の間柄! ハヤト殿は私だけのご主人様なんだからっ!
…でも椿さん、あきらめてくれないみたい・・・しかもハヤト殿にチョコを贈るなんて言ってる。こうなったら……どちらがハヤト殿にチョコを受け取って、食してもらえるか。いざ尋常に勝負!

見所
ひまわりのライバル登場?!いざっ、バレンタインで大勝負!
チョコの正しい使い方、お教えします。
とろ〜り、あま〜く、お過ごしください。
 
▲上へ戻る
噂によるとハヤト先生の一般教養の出席率が最悪なんだって。
私はもちろん欠かさず出席してるけど……ほかのみんなは、忍者の技術や知識と関係ない授業ってことで、軽く見ちゃってるみたい。その救済措置として、やつがしら校長先生たちがとった手段が「五人組」。要するにクラスで班をつくるってことだね。で、誰か一人が禁を犯したりしようものなら、班全体の連帯責任になるというわけ。この手段でもまだ改善されない場合は、ハヤト先生の給料が3割もカットされるって! 厳しいなぁ〜。
そんなハヤト先生はある日、ちょっとしたはずみで校長先生が命の次に大切にしている、人形を壊しちゃった。もしこのことが校長先生に知られたら、減俸どころじゃなくってハヤト先生の命まであぶないんだって! 幸い、校長先生は人間ドックのために外出している最中。帰ってくるまでになんとか直さなくっちゃ!
え?旧校舎に設計図が保管されてるって!?そうと決まれば、旧校舎に忍びこんで頂戴しちゃおう! ……えと、その……「盗みは忍びの恥」ってことは知ってるけど、「主人の恥は忍びの恥」とも言うし。ご主人様であるハヤト先生の恥は私の恥でもある! うん、そうだ! ではあらためて、いざ旧校舎へ!
……って忍びこんだはいいけど! 幽霊だ! 大蛇だ! 炎だーっ! 旧校舎の中っていったいどうなってるの!? でも絶対あきらめない、ご主人様の命がかかってるんだから! そんなとき、しきみさんやあざみちゃんが助太刀に来てくれた。そうか、同じ班だから、私の行動が連帯責任になるんだ! ううう、みんな、ごめんなさい……! こうなればなんとしても盗みを成功させてみせる! 待っててくださいね、ご主人様!

見所
ひまわりの健気な姿に、熱き一言!とても美しい一言です。
トモダチ・・・・・・それは人生の宝です。
トモダチを思い返しながら、観てはいかがでしょうか?
 
▲上へ戻る
いよいよ男子校とのカラクリ対抗試合の日が迫ってきた! 今年は私たちの学園のほうに男子を招いて行われるんだって。で、それはいったいなんなの?、というと私も初めてだからよくわからないんだけど……まぁとにかく、男子と女子がそれぞれカラクリメカを作って勝負するということらしいの。相手がどんなカラクリで勝負してくるか、その情報をつかんでおけば試合は有利になるってわけ。ということは、ここはイチバンの情報通、あざみちゃんの出番だね。じゃ、私も情報を仕入れに行こうっと!
そして商店街であざみちゃん発見! さっそく男子校の生徒に紛れて情報を仕入れているみたい……って、えぇ〜っ! あのあざみちゃんが男子校へこっちのカラクリメカの秘密をバラしてる!? もしかしてスパイなの?? こ、これは誰にも言えない、もしバレたらあざみちゃんにはきっと苦しい拷問が待っているんだ! ぜぇ〜ったい内緒にしておかなくちゃ!
でもでも、あざみちゃんは私たちに男子校の機密情報を教えてくれるけど、う〜ん、信じていいんだよね……? 
よし、ここは友達を信じて、男子たちに対抗するために完全武装の無敵カラクリを作っちゃおう!
そしてついに対抗試合当日。あざみちゃんの行動は相変わらず怪しい。
やっぱりあざみちゃんはアレでアレなせいかな。あぁっ、ハヤト殿も気付きそう! 
ヤバい、何とかごまかさなきゃ! あざみちゃんの秘密を隠しつつ試合にも出場するって、
もしかして結構大変……? 男子のカラクリも手強いし、勝負の行方はどうなっちゃうの!?

見所
でかいカラクリ。走るカラクリ。
敵が仲間で?仲間が敵で?!
勝負の行方は、さぁどっち??
手に汗握って、ご観戦ください。
 
▲上へ戻る
今日はいよいよ、私、日向ひまわりにとっての初授業! しかも野外授業だなんて、ワクワクしちゃうなぁ。でも、やつがしら先生が私たちに、厳重に注意していたことは忘れちゃいけない。「くノ一に恋は御法度! 山の中で男子校の生徒と会っても接触しないように!」ってことなんだけどね。そう、くノ一じゃなくて忍者たちを育てる男子校もあるんだ。……えっ? わ、私は違うよ、ハヤト先生には恋なんてしてないよ!? あくまでハヤト先生はご主人様で、私は家来っていう関係なんだから。ご主人様から手を握られたときにドキッとはしたけど……実は私、恋がどんなものか、まだよくわからないんだ。
そんなとき、しきみさんが、結構美形な男子生徒・ナナフシさんと二人きりで会っているところを見ちゃったの。お互いに薬草の知識が豊富ってことで話が合うみたい。ナナフシさんを見るしきみさんの目は、あったかいというかやわらかいというか、とにかく、普段ではあまり見せない感じだった。あざみさんから聞いたんだけど、しきみさんは小さい頃からお師匠様に厳しく育てられたんだって。そんな真面目で優秀なしきみさんが、掟破りをしちゃうくらいに、恋の力はすごいってことなのかな。
それからも、しきみさんはナナフシさんと何度か会っていたみたい。そしてついに、そのことが学校中に広まっちゃった! やつがしら先生の耳に届いたってことは……しきみさんは退学処分にされちゃうかもしれないし、ナナフシさんにも似たような処置がとられるかもしれない。でも、せっかく知り合ったのに。この先、二人はどうなるんだろう……。

見所
乙女心は綺麗なものです。
月と同じくらい綺麗なものです。
その気持ち、忘れていませんか?
春の夜長にしっとりとどうぞ。
 
▲上へ戻る
私、日向ひまわりは忍者に憧れてる普通の高校生。……えっ? 忍者に憧れてるところがすでに珍しい? そうかなぁ。なぜ忍者に憧れてるかというと、私は小さい頃に飛行機事故に遭ったんだけど、
そこで忍者さんが助けてくれたからなの。だから私も忍者になって人助けがしたくて、くノ一を育てるっていう私立志能備学園へ入学することになったんだけど……忍者らしく凧で空を飛んでいて、そのあと着陸準備に失敗しちゃって大変な目に。でもそこを助けてくれたのが万里小路ハヤト先生。これってもしや、運命の出会いなのかな!? ばっちゃが言ってたんだ。「忍者たるもの、命を助けられし時はその恩人を生涯の主人として契りを結ぶべし」って。ハヤト先生が運命の人なんだ、きっと!
でもハヤト先生、初日から「赴任をやめる」とか言ってたけど、どういうことなんだろう。やつがしら校長先生から「普通の感覚を教え込んでもらいます」って告げられたとき、なんか機嫌が悪そうだった。それで、学校を出て行っちゃったハヤト先生をさがしてたらびっくりしたよ。今度はハヤト先生が危険な目に遭ってたんだもん。そこは私がすぐ助けに行って、間一髪で救出! 名作忍者映画のDVDで見たことが役立ったよ〜! でもそのあと、ハヤト先生はまた出て行っちゃった……。
と思ったら、志能備学園で見かけた人たちが私の前に姿を見せた。学園の生徒で、名前はあとで知ったんだけど、しきみさん、あざみさん、ゆすらさん、ヒメジさんっていうんだって。で、その人たちがいきなり私に勝負を挑んできたんだ。自分たちでエリートっていうだけあって忍者としての実力は私よりも断然スゴイ! そんなとき、ご主人様が私のために戻ってきてくれたの! そう、ハヤト先生は生涯の主人となる人、だから「ご主人様」って呼ぶことにしたんだ。それに、ご主人様に助けられたのは一度だけじゃない気がする。だって、飛行機事故のときに助けてくれた忍者さんにあったアザが、ご主人様にもあるみたいだし……。だからこれからも私、日向ひまわりは、ご主人様をお守りしますっ!

見所
ひまわりとハヤトの出会い。
またクラスメイトたちとの出会い。
・・・それは偶然なのか、必然なのか?!

怒涛の第一話。
ドドン!とご覧ください
 
▲上へ戻る