KING AMUSEMENT CREATIVE

『JINKI:EXTEND』最終回アフレコを終えて〜出演者のコメント
ついに堂々の最終回を迎えた『JINKI:EXTEND』。その最終回アフレコの熱気覚めやらぬスタジオで、出演者の皆さんから一言ずつコメントを頂いた。各キャラの思い出、本編は終ったもののDVD収録予定の13話への期待など(黒将が仲間になる?←浪川大輔の説)、ストレートな生の感想をお伝えしよう!
津崎青葉:折笠富美子
 お疲れさまでした!常にエネルギー全開でがんばりました。最終回は、やっぱりどの作品でもそうなんですけど、とても感慨深いものがあります。赤菜とシバと、青葉の三人のシーンがありまして、ちょうど2人の間のマイクだったんですけど、「青葉、すごく揺れているな」という感じたりとか。役と関係ない話でみんなで盛り上がったり、楽しく作れた番組だな、と思います。やっぱり、お話が難しいので、よく質問を受けたりするんですけど、私自身も「コレでいいのかな?」という部分もあったりして、全話出来上がった後で通して見たら、すごく楽しめるんではないかと思います。13話も楽しみにしてます。悪い人(=黒将)はやっつけよう!ありがとうございました。
柊 赤緒:稲村優奈
 最終話の収録が終って……色々なことを勉強させて頂きました。自分にとっても、赤緒ちゃんは今まで演じてきた中でも初めて頂く、一番大きな役だったので、どう演じればいいんだろう、という所で混乱したりとかもあったんですけど、無事最終回まで来られてよかったと思っています。現場では、ベテランの先輩がたがたくさんいらっしゃって、叫ぶ演技にしても長ゼリフの演技にしても、背中を見ながら色んなことを勉強させて頂きました。これから私が声優という仕事をやっていく中で、今回の現場で得たことをフルに活用して、これからの私の仕事につなげて行きたいと思います。13話が8月ごろに出るDVDに収録されるということなので、またその頃に皆様と『JINKI』のお仕事ができるのを楽しみにしています。視聴者の皆さんも、OAは終ってしまいましたがDVDが出るのでそちらをもう一度見直して、こういう話があったな、というのを思い出して下さい。本当に今までありがとうございました!

小河原両兵:竹若拓磨
 これだけ女性の多い、いい現場はもう巡会えないでしょう。すごく名残惜しいですね。両兵も、まだ親父の仇を取ってないんですよね。その辺がどうなるのか、13話も楽しみにしています。13話と言わずもっと長く、じじいになった両兵もやってみたいですね。親父(=現太)くらいの年になった両兵とか。気になります。
黄坂 南:鷹森淑乃
 ホントに12話はアッという間でした。もっともっと深い所のお話を楽しみにしていたんですけど、早く終ってしまたのが残念です。南は、隊長であり母であり、女であるという色んな面が出ていて、とてもやりがいのある楽しい役でした。ありがとうございました!
黄坂ルイ:田村ゆかり
 話がすごく複雑で、私の脳には微妙について行けない感じだったんですけど、ハッピーに終ったのかな?とりあえずよかったな、と思います。黒将さんにも、早く成仏して頂ければと思います(笑)。
エルニィ立花:川上とも子
 お疲れさまでした!12話終って、お話の内容的には楽しいってのと違うかも知れないんですけど、皆でお芝居をやったなぁ……という実感があって、とても楽しかったです。エルニィもいいヤツだな、と思いました。ただ、お話が難しくて、台本を下読みしていくのに、いつも前の晩は家でウンウン唸っておりました。13話、私たちも楽しみにしているので、皆さんも楽しみにして下さい!
川本さつき:野中 藍
 さつきちゃんは、人機に乗るたびにいつもケガしてたんですけど、最終回は、ケガもせず、精神的にも体力的にも強くなって嬉しいです。13話が気になります。黒将を倒さなきゃ、(浪川:「そんなこと言うなよ〜次は仲間なんだから」)あ〜!黒将も早く救われるといいな、と思います。ありがとうございました!
メル・J・ヴァネット:皆川純子
 私は、多分人機に乗る女子たちの中で一番出てくるのが遅くて、「今週、出番ありませんから」と毎週事務所から言われ続けていて。やっと8話で登場したのに、「出た!」と思ったら12話で終ってしまって寂しいんですけど。5話とはいえ、メルJが何でこうなったのかとかちゃんと描かれたし、弟の仇も討てたし、やることはやれたので満足しております。13話、黒将を倒すため一丸となって頑張りたいと思います。ありがとうございました。
津崎静花:雪野五月
 ずっと黒将に洗脳されてて操られて、12話でようやく本当の静花を出すことができたので、静花も浮ばれるんじゃないかと思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?(笑)最初、操られている時はいかに青葉の神経を逆撫でするか、どうやったらイヤな女になるか考えて、考えて、結果ああいうキャラになったんですけど……いや〜、難しいなと思いました。で、そうやってずっと考えていると自分がイヤな人間になっていく気がして、早くこの操られてるの何とかして欲しいな、と思っていたら、最終回でようやく本当の姿を見せることができてよかったです。私はちょうどメルJが出てきた話から3話ぶん、出番がなくて。その前の7話の時に青葉の言葉で操られているのが解けそうになり、12話でこういう形で戻ってくることができたんですけど、13話ではすっかり皆の仲間入りして、一緒に黒将を倒したいと思いますので(笑)、ぜひぜひ楽しみにしていて下さい。

黒将/白矢:浪川大輔
 皆が一生懸命やっているのを上から見下ろしている役というか、黒将は非常に楽しくやらせて頂きました。ただ、朝10時の白矢は辛かったです。途中参加だったんですけど、12話まで一緒に来られて嬉しかったですね。13話では、もうちょい喋れるかと思うので、楽しみにしてます。(「黒将出るの?」というツッコミ)きっと出てきますよ〜、仲間で。黒い人機に乗って(笑)。
シバ:平松晶子
 原作は本当にボリュームがある話なのですが、それをこんな短い間に、すごい勢いでまとめるんだな〜と思いました。物語にスピード感が出てよかったのかもしれないんですけど、八将陣も8人出てこないんですよね〜。そういう所も、もっと詰めていったらドロドロした面白い話になったのではないかと(笑)、私は思いました。シバは、最初は一言二言しか喋らなくて、つかみ所がない役だったんですけど、後半に行くに従って大変いやらしい面白い役になって。やっている私はとても楽しかったです。ただ、13話での出番は黒将より私の方が微妙と思うんですけどね(笑)。出られたらいいな、と思います。ありがとうございました。
グレン・ハーデン/他:望月健一
 グレンと言ってもご存じない方もいらっしゃると思いますが、外国語訛りの変なメカニックです(笑)。最終回は別役で、自衛隊員をやらせて頂きました。この作品は東京のあんな町こんな町、東京タワーとか六本木MORIビルとかぶっ壊されてますんで、13話ではどんな建物が壊されるのか?楽しみにしています。ありがとうございました。

(C)綱島志朗/マッグガーデン・アンヘル日本支部