KING AMUSEMENT CREATIVE

 
 
絵本作家を目指している白鳥隆士は東京にあるデザイン専門学校に通うために、母親の従姉妹が営んでいるアパートへやってきた。

アパートの名は「鳴滝荘」、都会には似合わない平屋一階建ての古風な建物だ。管理人をしているのは、青華短大付属高校に通っている高校2年生の蒼葉梢。隆士のはとこにあたり、隆士とは10年以上も昔に会ったことがあるらしい。

鳴滝荘には5人(+1匹?)の住人いた。1号室には梢の大親友、茶ノ畑珠実が。3号室にはマイペースなお姉さん、桃乃恵が。5号室には母親の黒崎沙夜子と一緒に住む中学一年生の黒崎朝美が。そして、6号室には腕人形のジョニーと住む(!?)灰原由起夫が、それぞれ暮らしていたのだ。

住人たちはみな個性的で、ひとクセもふたクセもある強者揃い。だけど、本当の強者は梢だったのである。彼女は何かでショックなど受けると別キャラに『変身』してしまう秘密の持ち主。そんなこととは露知らず夢を実現させるために鳴滝荘にやってきた隆士。

いったいどんな生活が、彼の今後に待ち受けているのだろうか?
 
 
 
脚本:あみやまさはる 絵コンテ:木村真一郎 総作監:藤井昌宏
演出:木村真一郎 作監:藤井昌宏  

 珠実に梢を救う覚悟があるのかと問われ、何をしたらよいかはわからないけど、梢が喜んでくれることをしたいと絵本を描き始めた隆士。だが、絵本を完成させる前に寝てしまい「こんなんじゃ、まだ見せられないなぁ〜」とため息をつく。そこへ早紀が現れ、隆士が描いていた絵本に興味を示し、物語を聞かせろと迫るのだった。観念した隆士は、絵本を朗読しはじめる。それは鳴滝荘の住人たちをモデルにした物語で、お城で退屈していた王子がピクニックにでかけ、うめぼし姫たちと出会うお話だった。隆士がお話を聞かせている間も、早紀から魚子へ、魚子から千百合へ、千百合から棗へと変身し続けた。できあがった部分だけをお話するつもりが、棗に続きをせがまれ、その場で考えながら話を続ける隆士。その続きは、これまで幸せだったうめぼし姫たちにショックな事件が起き、お姫さまたちは気を失ってしまう。でも、王子の機転により、お姫様たちは正気を取り戻し、物語はハッピーエンドへと向かうはずであった。ところが、物語にはもうひとつの物語が用意されていた。それは、いまの梢と同様に、ショックな事件後ずっと眠り続けているうめぼし姫が一人おり、心配した王子が彼女を救うという物語で……。
 
 

(C)小島あきら/スクウェアエニックス・まほらば製作委員会