KING AMUSEMENT CREATIVE

 
 
絵本作家を目指している白鳥隆士は東京にあるデザイン専門学校に通うために、母親の従姉妹が営んでいるアパートへやってきた。

アパートの名は「鳴滝荘」、都会には似合わない平屋一階建ての古風な建物だ。管理人をしているのは、青華短大付属高校に通っている高校2年生の蒼葉梢。隆士のはとこにあたり、隆士とは10年以上も昔に会ったことがあるらしい。

鳴滝荘には5人(+1匹?)の住人いた。1号室には梢の大親友、茶ノ畑珠実が。3号室にはマイペースなお姉さん、桃乃恵が。5号室には母親の黒崎沙夜子と一緒に住む中学一年生の黒崎朝美が。そして、6号室には腕人形のジョニーと住む(!?)灰原由起夫が、それぞれ暮らしていたのだ。

住人たちはみな個性的で、ひとクセもふたクセもある強者揃い。だけど、本当の強者は梢だったのである。彼女は何かでショックなど受けると別キャラに『変身』してしまう秘密の持ち主。そんなこととは露知らず夢を実現させるために鳴滝荘にやってきた隆士。

いったいどんな生活が、彼の今後に待ち受けているのだろうか?
 
 
 
脚本:佐藤勝一 絵コンテ:伊藤真朱 総作監:藤井昌宏
演出:伊藤真朱 作監:丸山隆  

 隆士が学校から帰ると、中庭の縁側下から黒崎家の部屋の前まで、点々と造花が落ちていた。なにかを察した隆士が縁側の下を覗き込むと、そこには未完成の造花が溢れるダンボールを抱える沙夜子の姿があった。実は、内職の造花作りが終わりそうにないときは、いつも縁側の下に逃げ込んでしまうらしい。朝美が帰宅し、「2人でがんばれば絶対に終わるから!」と沙夜子を元気づけていたとき、恵の妙案によって、なぜか隆士が内職の手伝いをするはめに。初めて入る黒崎家の部屋の中は、内職のダンボールが山積みで…。夕食の用意のため、買い出しにでかける朝美に付き合う隆士。そして、その帰り道に食べられる野草を手にいれて喜ぶ朝美に、対照的に驚きを隠せない隆士だった。夕飯を終え、再び内職に取りかかった3人。残るは最後のひと箱というとき、沙夜子がどこからともなく朝美のためにオレンジジュースを持ってきてくれた。だが、そのオレンジジュースは珠実が梢と飲むために買ってきたもので……。
 
 
 
脚本:山田靖智 絵コンテ:桜美かつし 総作監:藤井昌宏
演出:鈴木洋平 作監:大木良一  

 隆士が鳴滝荘へやってきてからというもの毎晩宴会続きで、結局課題が終わらないまま新学期を迎えてしまう。初日から課題を忘れる隆士に、担任・銀雅からは厳しいお仕置きが!帰り道、隆士は偶然街で学校帰りの梢と珠実に出会い、一緒に本屋へ行くことに。本屋のあるアーケードには梢のなじみの店が多く、珍しく男連れで歩く梢に「彼は梢ちゃんのいい人かい?」と、皆、興味津々。しかし「いい人」イコール「彼氏」という意味がわからない梢は、普通に「隆士がいい人なの?」と聞かれていると思い、「はい」と答えるのだった。

 ひと通り買い物を済ませ、公園でひと休みしていると隆士たちの前に、商店街のスタンプカードをなくして困っているサクラという女性が現れる。困っている人を放っておけない梢は隆士たちとカードを探すお手伝いをするはめに。
 
 
 
脚本:山田靖智 絵コンテ:木村真一郎 総作監:藤井昌宏
演出:西村博昭 作監:大河原晴男  

 またしてもショックを受けて梢が変身!今度は魚子ちゃん(6歳)。魚子は隆士に興味津々で離れようとしない。早急に片付けないといけない課題はあるものの、しばらくの間魚子の面倒を見ることになってしまった。引っ越しの荷物が届き、部屋を片付けてる間も魚子は隆士にべったりで、荷物の中から絵本を見つけては「ご本読んでほしいの!」とおねだりしたり、「お絵かき大好き!」と隆士と一緒になってお絵描きをはじめる。隆士がトイレにいっている間、ひとり部屋に残された魚子は不安になり、彼を捜しに廊下へ。隆士を見つけると抱きつき、涙目で「魚子のコト、好き?」と訴えてくる。女の子から「好き?」と聞かれたことのない隆士は、照れながら「そりゃ、もちろん」と答え、はじめての告白に喜ぶが、魚子の好きな人が自分だけでないことを知りがっかりする。

 その後、魚子からもとに戻った梢は、目を覚ましたときに自分が隆士の部屋で寝ていたことを不思議がる。
 

 
 
脚本:山田靖智 絵コンテ:長井龍雪 総作監:藤井昌宏
演出:長井龍雪 作監:清水博幸  

 目を覚ました梢は、梢であって梢ではなかった。突然の出来事に隆士が戸惑っていると、そこへ恵と珠実がやってきて事態を収拾する。梢の変化にいまだ事情が飲み込めていない隆士は恵の説明を聞き、梢がショックを受けると別のキャラに変身してしまうことを知る。早紀という別キャラになってしまった梢は、歓迎会だと大騒ぎになり、仕方なく、恵たちの作戦によって眠らされた。そして、早紀を抱えて出ていく恵たちから、明日の朝、目が覚めた頃には元の梢に戻っていると教えられた隆士だったが、鳴滝荘で暮らしていく自信をなくしていた。

 翌朝まで鳴滝荘から出ていくかさんざん悩んでいた隆士だったが、元に戻った梢と話してこのまま鳴滝荘で暮らしていく決心をする。誰にだって機嫌が悪いときはあるんだから、あの変身も大家さんがイライラしているって思えばと自分に言い聞かせ、改めて梢に向かって「お世話になります」とあいさつをすると、どこからともなく住人たちも集まって彼らからも歓迎を受ける。そして、梢からも改めてあいさつがあったとき……!
 
 
 
脚本:山田靖智 絵コンテ:木村真一郎 総作監:藤井昌宏
演出:木村真一郎 作監:大木良一  

 東京にあるデザイン専門学校に通うため、隆士は母親の従姉妹が営むアパート・鳴滝荘で生活をすることになった。管理人であるはとこで高校生の梢に案内されながら隆士が自分の部屋へ向かっている頃、他の住人たちは思い思いの場所から隆士の素性を調査しようと様子をうかがっていた。そんなこととは露知らず鳴滝荘へやってきた経緯を梢に話し、彼女から絵本作家になる夢を応援されてデレデレの隆士。嬉しさのあまり、その後もひとり部屋の中で梢との会話に浸っていると、いつの間に現れたのか目の前には恵が座っていた。恵との会話から梢には「秘密」があることを知った隆士は、とにかくビックリさせたり、驚かしたり、ショックを与えちゃダメといわれる。

 翌日、隆士が学校の課題を片付けていると梢が差し入れをもって現れた。ところが部屋の入口で梢がつまづき、差し入れともども隆士の上に! 体をおこし、しばし見つめ合っていると、梢に変化が起きた!
 

(C)小島あきら/スクウェアエニックス・まほらば製作委員会