KING AMUSEMENT CREATIVE

少年ハリウッド

ストーリー

第11話

望まれない僕たち

あらすじ
いよいよクリスマスイブの初ライブが近づいてきた、少年ハリウッド。
練習に力が入るはずが……メンバー全員どこかナーバスになってしまっている。
それぞれ悪気なく正しいと思っていることを口にするがゆえ、逆にチームワークを壊してゆくことに。
マッキーはそれをなんとかしようと、試行錯誤し、ステージに宿泊して、少ハリとはまったく関係がない気配であるドアノブがぬめぬめする恐ろしい夢までみているようだったが、その情熱はなかなかメンバーに伝わらない。
ぴりぴりムードどころか、ライブ開催すら危うくなってきたハリウッド東京。
そんな中、クリスマスシーズンということもあり、カケルは友人、つまりシャチョウの言うところの「冴えない、どこにでもいる高校生」の彼女へのプレゼント選びにつきあうが、原宿の街で、思いがけないものを見かけてしまい、友達を置いて走り去るのだった。
しかし、それは友達が冴えないどこにでもいる高校生であることが理由ではもちろんなく、見かけたものが本当に思いがけないものだったからだ。
キャスト
風見颯:逢坂良太/甘木生馬:柿原徹也/佐伯希星:山下大輝/富井大樹:蒼井翔太/舞山春:小野賢章/
勅使河原恭一:新田将司/シャチョウ:浪川大輔/風見礼子:幸田夏穂/荒井健:栗原吾郎/河野草太:泉大智/
遠藤卓(6才):高橋未奈美