KING AMUSEMENT CREATIVE

少年ハリウッド

ストーリー

第16話

本物の握手

あらすじ
ハリウッド東京には、出待ちをするファンや、メンバーにプレゼントを渡すファンも出てきた。握手会もそれなりに盛況だ。
嬉しそうなメンバーもいるが、違和感を覚えるメンバーもいるなど、
新たな悩みをかかえはじめる中、シャチョウがある企画を思いついたのだった。
本人達は元気に楽しくその企画に参加しているように感じるが、なぜだか顔がいつもと違う。
これはやはり、この特別な企画のせいで本当は戸惑っているのか、慣れずに疲れているのか……とにかく何か顔が違う。
キラ、マッキーにいたっては、ファンと出くわしても楽しさが先立ったのか、
ベンチから立たないというあり得なく無礼な状況だ。
こうして、少年ハリウッドは色んな意味で新たな局面をむかえる気配の中、トミーは脱法グッズについて語り、
カケルだけは勅使河原の言いつけを守り、シュンは『MILK BOY』で新作のトレーナーを買っていた。
これが嘘偽りない、今の少年ハリウッドである。