KING AMUSEMENT CREATIVE

少年ハリウッド

ストーリー

第14話

永遠のど真ん中

あらすじ
劇場『ハリウッド東京』でライブざんまいの日々を送っている少年ハリウッド。
まだまだ知名度の低い彼らのことを「彼らの輝きは、その知名度をこえようとしている」と、広告代理店の人間に語るシャチョウ。
マネージャーの勅使河原は、ひとりでは手が足りなくなった為アルバイトの手を借りることになった。
少しずつではあるが、ファンも増え始め、体温のようなものが通い始めたように見えるハリウッド東京。
しかし、初代少年ハリウッドが活躍していた時代のように大繁盛というわけではなく、ライブにはまだまだ空席が目立つ。
そんな中、控え室にいるメンバー達は恐ろしいほどマイペースであった。
シュンはゲームに夢中で、トミーはワニパンをほおばり、マッキーは服に冷やし中華のタレをこぼしてカケルにタオルを手渡され、キラは海苔にとことんはまっていたのだった。

※ハリウッド連絡
大変申し訳ありません。
ご覧いただくとわかるのですが「違う毎日を本当は持っていて」の部分、正しくは「違う毎日を本当は待っていて」です。
メンバーが皆様に伝えたい言葉を正しく知っていただくため、ここに訂正させていただきます。