KING AMUSEMENT CREATIVE

ストーリー

各話あらすじ

【第4話】GOODS

脚本 ふでやすかずゆき/絵コンテ&演出 岩崎良明/作画監督 森本由布希

コンビニの裏手でアルバイトの同僚あきことセッションするミス・モノクローム。
2人を見ていたマネオとやよいも「いい感じ」と満足気。
事務所に戻ったミス・モノクロームたちは、ライブ会場で販売するグッズ作りの相談をする。
リバーシ、ルービックキューブ、サイリウム、タオル、Tシャツなどなど、
次々上がるアイデアに盛り上がるグッズ会議。
ところが、あきこが提案したギターのピックに、ミス・モノクロームは「いらない」と即答。
代わりにオリジナル単三電池を提案する。
早速営業を始めるやよいとマネオ。
ミス・モノクロームはさらに「アクションフィギュアを売りたい」と提案する。
それを聞いたマネオは、
「またモノクロームさん自身がフィギュアになっちゃうパターンですかねぇ」と予想するが、
ミス・モノクロームは、コンビニのレジでフィギュアじゃなく、
ヒグマになってお客さんを驚かせていた。
「願いは必ず叶うクマー」。

TOP