KING AMUSEMENT CREATIVE

ストーリー

各話あらすじ

【第6話】SHOWDOWN

脚本 ふでやすかずゆき/絵コンテ 岩崎良明/演出 山田雅之/作画監督 西脇拓己

ライブツアーのバンドと照明をルーちゃんが担当することになり、
浮いた予算でダンサーを雇うことにしたミス・モノクロームたち。
そんな折、撮影の仕事でテレビ局に来たミス・モノクロームは、
滝下プロデューサーから、デビューしたてのアイドルグループ“キャラメル”を紹介される。
いっしょにマネキンの演技をすることになるミス・モノクロームと
キャラメルのゆい、あけみ、かな、あつこの4人。
滝下プロデューサーに「後輩の面倒を見てやって」と言われ、
気分がよくなったミス・モノクロームは先輩風を吹かせ始める。
マネキン演技の本番がスタート。無理な体勢で苦しそうに演じる
キャラメルの4人に対して、ミス・モノクロームは微動だにしない。
そんな中、ミス・モノクロームはついに、マネキン演技の極意をキャラメルに伝授する。
その名も「マネキンチェンジ」。カメラがヨソを向いているうちに、
さりげなくポーズを変えるという大技である。
マネキンチェンジをするミス・モノクロームとキャラメルの5人の動きは、
まるでダンスのようにシンクロ。「私がKIKUKOの背中を追うように、
この子たちに私の背中を追わせよう」。
こうしてミス・モノクロームは、キャラメルをツアーのダンサーに
起用することに決めたのであった。

TOP