KING AMUSEMENT CREATIVE

ストーリー

各話あらすじ

【第5話】SCOUT

脚本 ふでやすかずゆき/絵コンテ&演出 岩崎良明/作画監督 西田美弥子

やよいの勤めるヘイミンレコードの会議室で、
ライブの演出打ち合わせをすることとなったミス・モノクロームたち。
やよいが席を外しているうちに夢と幻の世界でウサデミー主演マネキン賞を獲得して戻ってきたミス・モノクロームは、冗談混じりでライブMCのアイデアを出していく。
そんな中、バンドメンバーにスポットを当てた演出を提案するやよい。
コンビニの同僚あきこもギターソロに乗り気で、超絶ギターテクを披露し始めるが、
肝心のミス・モノクロームは怪訝な表情を浮かべて「いらない」とひと言。
ライブで前に出るのは私。ギターは脚光を浴びなくていい。
そんなミス・モノクロームの発言に残念がるあきこ。
ところが、突然現れた外国人プロデューサーにスカウトされ、
あきこはアメリカでデビューを果たし、ヒットチャートの1位に輝くのだった。
一方、ふりだしに戻ったミス・モノクロームのバンドメンバー探しは、
多彩な音色を奏で、さらに照明やターンテーブルにまでなれるルーちゃんに即決するのであった。

TOP