KING AMUSEMENT CREATIVE

ストーリー

各話あらすじ

【第1話】DISKJOCKEY

脚本 ふでやすかずゆき/絵コンテ&演出 山下英美/作画監督 西田美弥子

ついに発売となるファーストアルバムのヒットとツアーの成功を祈願するため、
富士山山頂を訪れたアンドロイドでアイドルのミス・モノクローム。
ロボット掃除機の形をした家族のルーちゃん、マネージャーのマネオ、プロモーターの紺野やよい、若手アイドルグループのキャラメル(ゆい、あけみ、かな、あつこ)も祈る中、
深い瞑想状態に入ったミス・モノクロームは、万物が旋回(円運動)していることを悟り、
ツアーに足りないものはDJだと言い出す。
ツアー会場がアウェーでも、お客さんが冷えきっていても、DJがいれば盛り上げられるし、
ハプニングが起こっても場をつないでくれる。
ミス・モノクロームは早速、身近なところでDJを探そうとするが、
マネオやキャラメルたちにDJは任せられない。
帰り道。ハンドルを持つと性格が豹変するやよいは、
ミス・モノクロームたちを乗せた車で峠を爆走。
そして、ガソリンスタンドに立ち寄ったとき、ミス・モノクロームは、
円を描くように窓を拭くガソリンスタンドの店員を見て、その店員をDJに採用するのだった。

TOP